月間アーカイブ: October 2015


たった8日間で今期最大の単月粗利目標11月度をクリアしました。縦横両方の軸を同時にまわす。

タイトルにありますが、これは別に大型案件の一発で今回特別にイレギュラーな伸びしてます、とかじゃなくて、地道にいつも通り積み上げた実力での最速目標クリアですから凄い。

 

本来なら現時点マイルストーンでは63.8%の目標達成率の指標なのですが、既に104%をぶっちぎっております。31日ある一か月の中の、わずか8日経過時点で。

もちろんこの勢いは留まるはずなく、毎日過去最高を更新し続けています。

前も言いましたが、僕達の掲げている単月目標は100%時点で既に昨年対比130%設定という高い目標にも関わらず、です。

 

「自分らやりすぎちゃう!?」

ってメール送りましたからね。

その後も更に伸ばしているから、昨日は「((((;゚Д゚)))))))」の顔文字だけ送っときました。笑

 

なぜメールかというと、僕はこの11日間で3日しか出社していないからです。

しかもその本社に出社した時の平均滞在時間は6時間で、そのほぼ全ての時間は会議室で色んなミーティングしてました。

一年のうちの一番のド繁忙期の真っ只中で、この経営者の動き方が出来る組織力ですよ。

 

経営者が死ぬほど動きまくって誰よりも汗かいて活躍しているような、経営者のマンパワーで利益出すのは、僕の中で企業活動による収益というよりかは、給料です。

それって経営者の給料を会社に注いでるだけに過ぎない。

しかもその給料というのも、正社員として保護された安定している月給ではなく、日雇いアルバイトの日給レベルです。

だってその人が交通事故や風邪で動けなくなったら一気に収入がゼロになる訳ですから。

それははっきり言って、経営とも組織とも呼べないのです。

 

もちろん僕にもそんな時期はあったし、そうしないといけない段階、それしか選択肢の無い段階は企業のステージによって当然あります。

だからこそ言うのです。それを乗り越えてきた僕だから言える。

現状がどれだけ不安定な場所に立っているかに、気付いてほしいから。

このままでは今は良いかもしれないけど、明日最悪な事になるかもしれないって、怖いじゃないですか。

 

経営者から、自分らやりすぎちゃう!?ってメールを送られるイベント21社員達、どうですか。素晴らしすぎでしょ!

ついには((((;゚Д゚)))))))の顔文字だけ送られてるんですよ。

間違いなくこの利益は、社員達の努力によって生み出された、企業の収益なのです。

 

僕も負けてられません。

本社に出社する時間を減らすという事はどういう事かというと、僕が経営者として今まで以上に結果を出さなければいけないという事なんですよ。

とりあえず毎日出社して、社員みんなから見える位置に居るだけで、社員は少なくとも経営者が働いてる事は分かるわけです。

でも姿が見えないという事は、ぶっちゃけ働いているかどうかも分かりません。

それで業績が悪化して社員の給料が減るような事態になったら、間違いなく「あの社長何してんねん?何もしてないやないか!」となるのは誰もが簡単に想像出来ます。

 

だからこそ、僕は今以上に結果を出す事が求められる厳しい環境に、自らノリノリで突っ込んだという訳なのです。

間違っても、あの社長は週休5日で楽で良いな~という次元の話じゃないんですよ。

どれだけ僕は負荷を求めるんだという話ですよ。

 

でもこれが経営者の役割だと思うのです。

毎日朝礼から定時まで社員と同じ労働時間を働く事が、経営者に求められている事なんですか?という話です。違いますよね。

ましてや誰よりも残業して誰よりも汗かくと経営者としてOKという話でも全くない。

 

経営者に求められている事は、別に一年間で一回も出社しなかったとしても良いんです。そんな事は何の問題も無くて、

会社の業績を伸ばして利益を出し、その幸せの原資となる利益をもとに、社員の給料や働きやすい職場環境をもっともっと向上させて、社員が成長して輝き、お客様によりhappy!に進化したサービスを提供して、一人でも多くの地域社会に貢献する事。

それが出来れば良いんです。それが経営者に求められている事なのです。

それを実践するのがこれからの僕のミッションです。それ、めっちゃ面白いでしょ。

 

僕は本社に出社しなかったこの時間を利用して、東京、愛媛、大阪、そして奈良県内にて、相当な出会いと学びを深める事が出来ました。

イベント21はこの8日間で間違いなく5億円は得しました。今日は朝から大阪に来ていますが、朝の段階でまた1億円得しました。

いや~、一人の人間が作業で生み出せる時間対利益は限界があります。どれだけ僕が電話対応や現場営業に行っても、この二時間で生み出せる利益は良くて数百万円でしょう。でも僕は同じ二時間で、未来の1億円を今回生み出しましたよ。

社員というポジションではそれで十分に称えられる。二時間で数百万円の利益を生み出す結果は、社員としては当然、本当に素晴らしい事ですから。

でも僕は経営者です。社員と同じ評価軸ではないし、同じ存在でもない。だから僕は会社の中で経営者としての動きをする。

今月の目標を既に達成しつつも更に積み上げる動きを毎日社員達が主体的に動いている中、そことは別の場所で未来の6億円を獲得する事に経営者が毎日動けた8日間だったのです。

 

部署やチームという横軸の「業務」だけでなく、今や未来という縦軸の「時間」の役割分担。

縦横両方の軸を同時にまわせるのが、組織としてみんなで集まっている最大のメリットであり、強さの部分なのです。

主体的で責任感を持つ素晴らしい社員達に心からの感謝と敬意を持ちつつ、イベント21はこれから更に高みに向かいます。

僕達は今、そこに挑戦出来るタイミングに居る。

どんどんやりたい事が生まれてきて、それがどんどん実現出来ていく。リミッターは自分で取っ払うもの。まだまだ加速しますよ。

 

いつもありがとうございます。

Asia 127


35歳になりました。

FullSizeRender (18)

この日は僕の35回目の誕生日でした^^

 

いや~皆さん、本当にありがとうございます!!!

朝起きたらダイニングテーブルの上に何か置いてありまして、「何やこれ?」と思って見ると「イベント21」と書いてあるんです。

中を空けたらプレゼントと共に、社員のみんなからそれぞれメッセージの寄せ書きが!

 

普通にめっちゃ嬉しかったです。

ていうか僕が承認したイベント21秘密結社からの、全従業員と従業員の家族宛てに誕生日プレゼント送付。

このプロジェクトを始めて3年目になるにも関わらず、自分の誕生日になると僕は毎年、普通にびっくりするんですよ笑

 

何かね、僕の中では、中野愛一郎=イベント21なんです。

イベント21が褒められると、自分が褒められているのと同じレベルで嬉しいし、イベント21が馬鹿にされると、自分が馬鹿にされてるのと同じレベルで悔しい。

 

それぐらい一心同体でシンクロしているのに、僕がイベント21からhappy!を貰うって、凄く不思議な感じというか、分かります?

法人という人格が、僕という個人に対してサプライズをしてくれる存在に、一人歩きし始めているんです。

だから、会社は経営者のものじゃないんです。この会社は社員みんなのものになってきているんです。

 

代表取締役社長であり100%株主である僕が言うのも変な話なんですが、イベント21って素敵やなと思った。

こうやって一人一人にhappy!を生み出せる会社なんやなって改めて感じました。

こんな実感を朝から出来る事ほど、経営者冥利に尽きる話無いですよね。

みんなありがとう。

 

そして会社だけではなく、この日は僕が幹事長を務める奈良同友会青年部の幹事会がありました。

奈良の経営者仲間達からも、僕が会議室に入るなり皆から「誕生日おめでとうございます」って言ってもらいました。

みんなありがとうございます。

 

フェイスブックでは、タイムラインやメッセージなどで合わせて214名の愛すべき皆様からの「おめでとう」をいただきました。

僕は一切フェイスブックでお誕生日おめでとうを送らない人なのに(気持ちはめっちゃありますよ!)、そんな忙しさを理由にやらない僕に対して同じようにお忙しい皆様からこんなに良くしていただいて、大変恐縮です。

皆さんありがとうございます。

 

皆さんのお顔が見えるというか、お一人お一人にそれぞれに大切な思い出があります。

凄くお久しぶりな方、いつも顔合わす方、思わずコメントしたくなるようなメッセージを添えてくれる方、皆さん全員に本当にありがとうございます。

読んでてめっちゃ嬉しかったです。簡単になり恐縮ですが、この場にかえてお礼とさせていただきます。

 

毎年毎年何百人単位で名刺交換させていただきますし、年を追う毎にどんどん出会う人、関わる人が増えていきます。

その中で自分が責任を持つコミュニティの仲間達とは何度も顔を合わせる事が出来るのですが、他のコミュニティに居る愛する仲間達や先輩達とはそれと反比例して会う機会が減っていきます。

それでも、こうやって気にかけてくれてる事が凄く嬉しいです。

皆様と関わる量(時間や機会の数)は少なくなっていようとも、皆様への質(想いや大切さ)は僕の中で何も変わっていません。

 

「いつもブログ見てるよ!」とか、

「悔しいからいいね押さないけど毎回読んでる」って言ってくれる人もよく居ます。

いやそこは普通にいいね押したらええじゃないっすか!笑。って思うのですが、こういう人達もひっくるめて僕は全員大好きなのです。

 

35歳ですか~。

中々良い年になってきましたよ。

 

経験という糧、そして実績という土壌によって、男として僕も心技体のバランスが最高潮に整う段階に入ってきました。

ある人は38歳から48歳の間と言いますし、ある人は40代と言います。

 

僕はありがたい事に、比較的早い段階で自分より先輩の人達と同じ経験をさせていただく機会の多い人生を歩ませていただいています。

感覚としては10歳ぐらい早いと思ってます。なので本当は僕は45歳なのかもしれません笑

まー僕の知ってる40代の先輩達も間違いなく世間と比べて10歳ぐらい早いので、先輩達は50代なのかもしれません(;^ω^)

 

出会いと機会が多い分、一般的に僕と同年代の人達よりも前倒しで心技体のうち、心と技を磨けている。その中で一般的に僕と同年代の人達と同じレベルで、体は維持出来ている。

若いうちにどんどん挑戦して、どんどん苦労したほうが良いとは、まさにこの事を言ってるんだなと思います。

ありがたいです。

 

この35歳という一年を、どう生きていくか。

せっかく優位なポジションに立たせてもらっているのだから、あぐらをかいて一休みするのではなく、更に自分の未来を輝かせる為のレバレッジをかける一年にしたい。

 

だから挑戦し続けます。更に高いステージで、更に高い負荷を得る環境に、自分の思考と行動を合わせていきたい。

本当にね、僕今、仕事もプライベートも社会的環境も、全部絶好調なんですよ。めっちゃ幸せです。

ま~これは0歳の時から35年間常に言ってますけどね笑

 

それは何でかなって思った時に。

僕には自分のやりたい事が常に明確にあるから迷わないし、、

その実現の為に自分の時間を使う事や行動が出来ているから面白いし、

それが毎日実現に近づいていているからワクワクするし、

その過程で自分の進化を体感出来ているから嬉しいし、

もちろん毎回壁や課題は立ちはだかるんですが一生懸命頑張る事でいつも乗り越えられるからモチベーションは全く下がらないし、

毎回面白いほど結果が出るから自分の自信になるし、

そして何よりそんな僕を認めてくれる人、応援してくれる人、必要としてくれる人、関わってくれる人、そんな大好きな人達が常に僕の周りに沢山居てくれるから、幸せに感じられるのかなと思います。

 

うお、めっちゃ上手い事行ってる人やん。僕の人生。めっちゃラッキーですね笑

だから、皆さんに感謝なのです。皆さんと関わらせていただいて、僕は感謝でしかないです。

 

35歳も、世の為人の為に、自分の一年を燃やしていきたいと思います。

だってそれが世の中で一番最高に面白い事だし、人生で一番最高に自分が幸せになれる事だと僕は知っているから。

こんな大切な真実を知る事が出来たから。大切な事を知れる人生って、本当に幸せな事です。

 

こんな調子乗りの僕ですが、どうか皆様、これからも宜しくお願い致します。

皆さんと同じ時代に生きてる事に感謝です。いつもありがとうございます!!


本日は11月度イベント21リーダー会でした。社員を一番幸せにしたい。それは僕が一番やりたい事。

今回は繁忙期ど真ん中のリーダー会の為、午前7時から開催。

議題に沿って様々な協議や総括、情報共有、PDCAや意思決定などを行いました。

 

 

何度も書いてますが、リーダー会はイベント21が誇る「チーム主体となって組織を運営する社風」の、最も根幹となる場です。

月に一回、年に12回のリーダー会によって、全リーダーと一体化を進め、全メンバーの意見を抽出し、一緒に良い会社を創り上げていきます。

今回は、10名中9名のリーダーが参加。1名は現場で今屋久島に行っております。フェリーで笑 いいなー僕も行きたいわ笑

 

 

リーダー達は今、物凄く成長してくれています。

目的や目標を達成して、メンバーを成長させる主体者としてリーダーシップを発揮し、素晴らしい意識を持ってくれています。

そしてイベント21では、会社のステージをもう一段上げる為に必要な来期のビジョンとして、サブリーダーの成長を掲げています。

 

 

サブリーダーが現リーダーの意識を持って、リーダーの動きを全て出来るようにする。リーダーはサブリーダーのサポートに専念出来るようにしたい。
組織の層を一階層深くする。それが強靭な企業体質の進化に繋がる。

来年2月に第三回のリーダー合宿が一泊二日でありますが、その二週間後に第一回サブリーダー合宿も行います。
しかも人数が増えたのでチームがもう一つ増えますからね~。

 

 

現在10名のイベント21リーダーが、来期には11名になり、更にそれぞれのサブリーダーが一気に1階層上がってくる。新卒も入ってくる。今期中途入社のメンバー達も今一生懸命頑張ってくれています。

今期は7か月が経過しました。もうここまでくれば計画通りに最高の結果に着地する事が既に見えているので、僕達は今、リーダー達と次年度を更に飛躍させる動きに入っています。

 

 

やればやるほど結果が出る。なぜならそうなる環境を今まで一心に創ってきたから。

結果が出ないうちは多くの人はその本質を理解出来ない。それでもいい、いずれ分かる事だから。

その時まで、この会社の掲げるビジョンを信じてついてきてくれた仲間だけが幸せになる。

気付けなかった人は自分の視力の悪さにそこでやっと気付く事が出来る。

 

 

その後悔を活かすも殺すも、結局は自分次第なのです。

活かしてほしいなと願う。正々堂々と生きてほしいなと願う。

原因は全て自分にある事に気付いてほしいなと願う。

自分の損得ではなく、周りをhappy!に出来る力を身に着けてほしいなと願う。

 

 

関わる人全ての人生を豊かにする機会を生み出すのが、イベント21がこの世界に存在する一つの使命なのです。

それぐらいの圧倒的に凄い会社を創る。社員が輝きまくっているめちゃくちゃ良い会社を創る。それは僕のプライドにかけて。

正直、僕はずっと実現出来るイメージしか持ってない。その為に一歩一歩を確実に歩んできました。

 

僕が発信している想いやビジョンは、最初から何も変わっていない。you happy, we happy!を実現出来る会社を創る。

そう思って9年間挑んできました。だから今がある。そういうのがめちゃくちゃ面白い。

そして何が一番面白いかと言ったら、今はまだ序章だという事です。

 

今回、ボーナス三倍に出来るのが凄い嬉しい。

なぜならイベント21は、業界内や地域において、一番の給与水準にしたいと思っているし、労働時間も一番短くしたいからです。休みももっと増やしたい。

幸せの原資である利益を増やせばそれは可能になる。

働きやすい労働環境や福利厚生で社員が自慢できる会社にしたい。今回そこに少しだけ近づけるから嬉しいのです。

 

そして人が成長出来る会社にしたい。その結果、全員のやりたかった人生の夢を叶えられる会社にしたい。

新卒で入社する子の親が、「イベント21なら安心だ。良い会社に就職出来て良かったね」って思ってもらえる会社にしたい。

子供が「これお父ちゃんの会社やねん。これお父ちゃんのやった仕事やねん」って友達に自慢するような会社にしたい。

 

物心両面で豊かさを追求する。

誰もが知ってる会社にしたい。だからこそより多くの人達をhappy!に出来る事業にしていく。地域との関わりを深める。ブランドを磨く。

本社ビルを改装する計画も進んでます。奈良でみんなが知ってるようなめちゃくちゃカッコ良いオフィスにする。今から3年以内、つまり2018年までにやりますよ。

 

こんな僕の話、絵空事に聞こえますか?出来るわけ無いと、鼻で笑いますか?

昔僕のビジョンを馬鹿にした人達が、こぞって手のひら返す光景も僕は何度も見てきました。

結果出してナンボの経営者の世界は、僕に合っている。なぜなら僕はやりたいと思った事は絶対に全部やるから。

成功体験を沢山持っているのが僕の強み。これは挑戦し続けてきた人間だけが得れる最高の財産なのです。

 

社員を一番幸せにしたい。それは僕が一番やりたい事。

 

僕は今まで沢山の人達に助けられながら夢を叶えてきました。そしてこれからも沢山の人達を助けられるようにひとつずつ夢を叶えていきます。

夢は実現出来る。それを世の中に証明し続ける事が、やっててめっちゃ面白い。

これからも頑張ります。いつもありがとうございます。

DSC_9130


なぜこんなにイベント21は業績が良いのか?

今月の数字なかなかヤバいっすよ。(25日の日曜日に書いてます<m(__)m>)

うちは20日締めなので月初めは21日スタートになるのですが、11月23日といえば3日経った時点という事ですね。

そんな23日時点で、マイルストーンでは月間粗利目標に対しての目標達成率が48.5%をウチでは指標として設定しているのですが、現在82.1%の目標達成率を記録しております。

 

 

14日早い!!!本来11月6日で達成していれば月間目標クリアラインになる数値を、10月23日時点で既に達成している。

そもそもこの目標値自体が昨年対比130%の高い目標にも関わらず、それを14日も前倒しの速度です!

今月は間違いなく創業25年のイベント21にとって過去最大の単月売上と粗利益が出ます。皆様本当にありがとうございます。そして社員達が本当に頑張ってくれています。

 

 

なぜこんなにイベント21は業績が良いのか?

もちろん世の中にはライオンが居ますからあんまり調子乗れませんが(以前のブログ参照)、

それでも僕らのような蛙の成功事例を聞くほうが今リアルタイムで苦しんでいる中小企業経営者の皆さんもヒントになるかなと思いまして、蛙ではございますがちょっとだけ調子乗らさせていただきます。

 

 

まー、僕らもそのうちライオンになるからです(マジ顔で)

 

 

みんななれるねん!諦めたらあかん!

同じ人間です、誰かに出来て自分に出来ないはずがない。誰が決めるねんそんな事。自分でしかない。

 

 

世の中をもっと便利に、もっと楽しく、もっとhappy!に変えていく事業を、誠実に行い続ける以外に方法は無い。裏ワザは無い。正々堂々と真正面から挑み続ける。

脳みそ汗かくぐらい考えて、体ちぎれるぐらい行動するしかない。

まずはそんな強い想いを持ち続ける事。

 

 

そして、一流の技を磨く事。

誰にも負けない技です。徹底的に磨く。この激動の時代で、周りがバタバタ倒産しまくっていってる中で、今企業として存続出来ているという事は、それだけで何か他社よりも優れた武器を持って戦っているという事なのです。

それを知り、磨くしかない。

 

 

イベント21の場合は、you happy, we happy!理念と、情報発信力と、理念を共有した誠実な「人」です。

この心技体のバランスを高める事が、僕達の強みを更にブラッシュアップしていける。

 

 

世の中そんなに簡単に結果はでない。だからブレたらあかん。自分に自信を持つ。

そうじゃないと、自分を信じて働いてくれている社員達に申し訳ないし、自社を選んでくださったお客様に対して失礼ですし、地域の中に生かされている企業として地域の中で手を差し伸べるべき人達を助けられない事になる。

 

 

中小企業経営者をなめんなと言いたい。中小企業で働く社員達をなめんなと言いたい。

絶対にすげぇ会社創るねん。まぁその言葉を証明する為には自分が力を持つ以外に方法は無いわけですが。

 

 

だからこそ結果に拘る。

世の中には色んな正解がある。誰かの正解を見たからって自分のやり方が間違っている訳ではなく、僕は僕の信じた正解を世の中に証明してみせる。

こういうのがめっちゃ面白いなと、僕はいつも思うわけです。

 

 

誰が一番正しかったかは時代が証明してくれる。何十年経っても、僕はこの場に立っていたい。

がむしゃらでもいい、スマートでも良い、何でもいいけどそん時に自分の両足で立ってる仲間達と、肩組みながら酒飲みたいなと思います。めっちゃ旨いできっと。

 

 

イベント21はこれからもっと凄い会社になっていきます。

それはなぜかというと、素晴らしい社員達が居るからです。素晴らしい先輩達や仲間達が居るからです。

もっと勉強しよう。もっと実践しよう。もっと力をつけよう。もっと想いを強くしよう。もっと感謝しよう。

そしてこの世界をもっと面白く、happy!にしたい。

 

 

みんな頑張ってる。僕はそんな頑張ってる人が好きです。負けへんぞみんなに!

僕も頑張るからあなたも頑張ってください。志は同じですよ。一緒に頑張りましょう。そしていつか旨い酒飲みましょう。がははー!言いながら。

いつもありがとうございます。

Asia 416


障害者問題全国交流会in愛媛。

22日23日の木金は、愛媛に行ってました。(25日の日曜日に書いてます<m(__)m>)

同友会の障害者問題全国交流会に参加する為です。

 

 

イベント21では現在、障害者就労支援などを行っている福祉グループぷろぼのさんと協力して、弊社配送センターにて毎日5名の障害者に働く場を提供しています。

2年後にはイベント21から20名の障害者の雇用創出を目指し、もっともっと雇用を増やしていく為に現場のリーダーが中心となって様々な仕組み化を進め、毎月の定例ミーティングを重ねています。

 

 

なぜイベント21は障害者雇用に挑戦するのか。

それは、弊社の掲げる理念you happy, we happy!の実現の為です。

イベント21が目指すyou happy, we happy!な社会。その社会の中には障害者も含まれる。

我々がhappy!を生み出すyouは、地球上の隅から隅までの人達なのです。

 

 

だから関わる。人間としての尊厳を守る。

イベント21が大きくなればなるほど、雇用出来る障害者も増えていく。そして我々の強みの一つである情報発信によって、世の中に証明したい事があります。

 

 

障害者は義務で雇用する存在じゃないぞ。雇用したいからするんだ。

 

イベント21がそのモデルケースとなることで、日本中の企業がこぞって障害者雇用をしたいと自ら手を挙げたくなるような、win-winの関係性を生み出したい。

それってめっちゃワクワクする世界です。イベント21ならそんな世界を創る事が出来る。だから挑戦しているのです。

 

 

実際にこの取組を行って実はもう1年が経とうとしているのですが、物凄くありがたい存在になってくれています。

彼ら無しではイベント21の配送センターはまわりません。本当に助かってる。それぐらい役に立ってくれています。ありがとうございます。

 

なぜ障害者を雇用するのかを、組織で共有してみせる。

もっと彼らの凄さを、僕たちが世の中に証明してみせる。

そうやって社内全員で共有出来るようになった時、社外全体に証明出来るようになった時、イベント21は企業として更に強くなっている。

僕はそれが楽しみで仕方がないのです。

 

 

このように障害者雇用は少しずつ前進しています。

そして今回は、ソーシャルインクルージョンという、新しい概念を学びに、僕は愛媛に行ってきました。

 

 

僕達が手を差し伸べるべき人達は、他にも居る。

施設の子供達です。一般的には、孤児院と呼んだほうが分かりやすいでしょうか。

社会的養護を必要とする子供達は、現在日本中に5万人居る。

事故とかで親が居ないから施設に入るというよりかは、親の虐待によって施設に入る子、親が失踪して施設に入る子が多い。

親の愛情を受けずに施設で育つ子供達は、極端に自己肯定感が低くなるのが特徴です。

自分の価値を感じられない。幼少期、一番大きな存在である親から必要とされてこなかったからです。

 

 

そして施設に入っても、全部が全部そうじゃないと思いますが、実際に施設に入っていた経営者仲間から聞いたのですが、いじめが酷い施設もあるそうです。

学校でのいじめも悲惨ですが、少なくとも学校に居る時間だけです。

でも施設でのいじめは、朝起きてから夜寝るまでずっと続く。エンドレスで。登校拒否出来ないのです。生活の場だから逃げ場がない。

 

 

施設で育っても、18歳なると卒業しなければならない。そこからはいきなり一人で社会に出なければいけないのです。

いきなり新しい住居で、お金の無い中生活も全て自分でして、誰からもフォローされず、信頼出来る相談相手も居ない状況で、あまり選択肢の多くない就職先に入社します。

一年以内に40%、3年で70%の離職率。その後は闇の世界に行ったり、風俗に行く子が多いとの事です。

 

 

これは、彼らが悪いのでしょうか。

そんなはずが無い。誰が悪いのかも分からない。しかし彼らはマイノリティ中のマイノリティと呼ばれています。

例えば障害者は、組合などがある為、声が届きやすくなっています。しかし施設の子供達は未成年でありながら、保護する親が居なくて、施設が閉ざされた世界の為に、中々声が外に出る事がありません。

 

 

僕達が関わっていく必要があるのです。

子供達が信頼できる大人、尊敬できる大人と出会う事で、彼ら自身の命を守る事が出来るのです。

 

you happy, we happy!

このyouには、彼ら施設で育った子供達も絶対的に含まれる。含まれないと、嘘やろそんなん。

何とかせなあかん。何のために経営しとんねん。you happy, we happy!というこの偉大な理念を実現する為や。

だから、イベント21が彼らをhappy!にします。その為に知恵を出し、仕組みと環境を生み出し、実現出来る力を身につけながらこれから行動していきます。

 

我々が我々の中で創るバリアを無くしていきたい。それがバリアフリー。

共に学び、共に働き、共に暮らす地域を創る。

素晴らしい学びと気付きがありました。僕二回泣きましたよ。それぐらい感動の二日間でした。沸々とやる気が沸き上がっております。

愛媛の皆さん、愛媛で出会った皆さん、本当にありがとうございました。

 

俺達やったら出来るねん!せやから頑張ろうや!!!

IMG_6234


入社一日目の新人と肩並べて仕事。

水曜日21日は、6時間ほど本社に居ました。(24日土曜日に書いてます<m(__)m>)

今週はこの6時間しか本社に居る時間が無いので、ミーティングを重ねました。

 

 

5時起きで東京から新幹線で帰ってくる。9時50分本社着。

10時~11時 協力業者さんと障害者雇用連携の進捗定例ミーティング

11時~12時 本社チーフと情報共有ミーティング

13時30分~15時 本日入社の新人2名と、教育担当者2名、僕の計5名で入社面談。

15時~15時30分 ゴールドマンサックスのインターンプロジェクトの件、プロジェクトリーダーとミーティング。

15時30分~16時 webチームと進捗ミーティング。

今夜の同友会(奈良青年部組織強化委員会主催の第二回交流例会)に参加して勉強や幹事長挨拶する為に、本社出発。

24時解散。

25時帰宅。

 

という流れでした。まー何てことは無い、いつもの僕のスケジュールですね。

やっぱり思ったのは、僕のデスク要らんやんと言う事です。普通に。

今週僕が本社に居たわずか6時間のほぼ全ての時間、僕はずっとミーティングルームに居て、色んな人と入れ替わり立ち代わりで喋りまくってただけですから。

 

ただ、13時からの30分だけ、入社面談用の資料をプリントアウトするのに2階の営業フロアに行ったんですよ(今後はチーフにやってもらうために引き継ぎ済)

当然僕のデスクは無いですから、空いてる席に僕のノートPC広げてカチャカチャやってたんです。

 

隣見たら、本日入社の新人君が居ます。

「どうよ!入社一日目の新入社員と肩を並べて社長が仕事する会社は?」
「めちゃめちゃカッコ良いです笑」

「俺もそう思う!笑 そんな会社創りたかってん」

という雑談も出来たのです。周りの社員達は「社長がここに座ってるのが物凄く違和感あります」って笑ってたけど。

 

これはデスクフリーの醍醐味です。毎回用事あったら空いてる席座ろ。色んなメンバーと肩並べて仕事出来るし。

意外にこっちのほうが色んな社員達と直接コミュニケーションが取れるのかもしれん。

あくまで、週に1~2回ですけどね。そもそも僕が出まくって僕ありきだと、デスクフリーにした意味がないので。

でもこうやった物理的に社長の存在を減らす事で、社員達がより頼もしく見えますし、自立した組織に意識が高まったように感じるのですが、そう思うのはまだ早いですかね。

これからどう進化していくのか、めっちゃ楽しみです!いつもありがとうございます。

Asia 461