• このエントリーをはてなブックマークに追加

大分から船で愛媛へ。そして愛知へ。愛媛で産官学連携の学びと、愛知での発信。

大分が無事終わり、社員は新幹線で奈良へ帰らせたんですが、僕はそのまま船に乗って四国に渡り、愛媛の地へ向かいました。

この日から一泊二日で、奈良同友会代表理事や事務局長含めた本隊が、滋賀と合同で伊丹空港発で愛媛に学びに向かっていて、理事である僕も大分から船で合流。

そしてその愛媛が終わってから、飛行機で関西戻ってきて、翌日は愛知県へ。高みを目指す経営者にとって、ひと息ついてる暇はありません。

 

しかし、船なんか久しぶりに乗りましたよ。いいですね~。

一人旅気分を満喫ですよ。昔は船で北海道行ったり沖縄行ったりしたな~と思いながら。

せっかく大分に来ていたのに時間が無くて別府温泉に入れなかったのが残念だったのですが、愛媛での宿は道後温泉だったので夜は温泉入れて良かったです。中々贅沢です。

 

愛知では、全国各地の青年経営者と再会。みんなすげーなー。

僕もマイクを持たせてもらう機会をいただいたので、愛知の仲間達に向けて、せっかくなので何か一つでもより良くなったら良いなと思って想いを発信させてもらいました。調子に乗って喋りすぎて時間無くなりましたすみません(;^ω^)

 

フェイスブックで、こんな書き込みを発見しました。面白かったので紹介します笑

「お久しぶりです。こちら愛知の合同例会なのですが只今壇上で中野さんっぽい方が喋っておられます。昨日そちらにおられたと知って、中野さんのフットワークの桁の違いにショック受けてます」
222

 

>「おひさしぶりです!間違いなく中野さんですね(^○^)あの人は全国で火をつけて回ってますね(≧∇≦)」

 

全部皆さんのおかげです。今回は愛知の仲間からお声がけいただいたので気合で行きました。Dスタイルですからね~。ありがとうございます^^

 

本当に、どこにでも面白い人が居ますね。

今回の愛媛では産官学連携での取り組み。奈良や愛媛の行政の職員さん、立命館大学や愛媛大学の教授、商工会会長、愛媛・滋賀・奈良の経営者など、多彩な顔ぶれで学びを共にしました。

産官学連携を実践されている会社訪問に行ったり、愛媛大学のミュージアムを見学させてもらったりする中で、僕の中での一番の学びは、「連帯」の視点が深まった事です。

 

主体的に、繋がる事、関わる事、巻き込む事。その範囲が、更に広まっていくのを感じました。

そう考えると、可能性は無限大だなと思います。その為には、もっと知る必要があるし、関わっていく必要があるなと思いました。

 

枠に囚われないように日々思考して、行動していても、気が付けばもっと大きな枠の中で囚われてしまっている事ってあると思うんです。

世の中をより良くする為には、常に新しいポジティブな影響をこの世界に与える必要がある中で、僕がすべき事は、全ての枠を外す事なんですよ。

 

どれだけリミッターカット出来るか。これって凄く難しい。どうしても一定のラインで深めにかかろうとすると枠を設定してしまう。

じゃああくまでその範囲内での最良しか結論を出せない。後もう一歩外の枠に踏み出せていれば、更に広い視野から相対的に絞った精度で、もっと違った最良の答えが見つかったかもしれないのに。

 

判断するにあたり、自分の中での選択肢を増やし続ける努力。これが凄く重要だと思っています。

その為には、新しい人に出会い語り合うこと、クレクレではなく汗をかいて関わるからこそ、その人と深く語り合える。本当の情報を知れる。

関わる人が増えれば増えるほど、新しい繋がりや世界が広がっていく。新しい世界へのドアが増える。

 

そして自分の興味の無い話や、苦手な事、視野に入ってなかった話であっても、勧められたからにはとりあえずやってみる事。挑戦する事。

自分が今まで到達していなかった場所だからこそ、新しい景色が見える。

 

人は、常に判断し、決断して人生を歩んでいく生き物だからこそ、自分の判断の精度を高める事が、より豊かな人生を歩む事に繋がる。

判断の精度を高めるには、選択肢を沢山持つ事が必要だと思います。

 

これからも、自分の中にある、未だ自分自身でさえ気付いていない大きな枠を一つ一つ取っ払っていく事で、自分の殻を破りつづけていきたいと思います。

いつもありがとうございます。

シェア用のアドレスです。リンクフリーです。
https://event21.co.jp/ceo/?p=2095&lang=en
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Post navigation



この記事を読んだ人は、こんな記事も読んでます。

同じカテゴリー:哲学

記事を読む

マーケットイン=プロダクトアウトの概念。

昔から感じていて、最近特に思うのですが。 価値観が多様化している時代背景と、webという情報発信ツールの台頭によっ...

記事を読む

和魂洋才。適応力。

以前教えていただいた学びの一つに、「和魂洋才(わこんようさい)」という概念があります。 日本の魂は失わずに、諸外国...

記事を読む

昨日から岩手に来てます。良い経営を実践出来る環境整備。

同友会の全国総会が岩手であり、二日間みっちり全国の仲間と学びます。 全国行事の良いところは、本気の人が多い事で...

記事を読む

感謝の気持ちを持てる人が、成長出来る人。

感謝の気持ちを持てる人が、成長出来る人。 最近凄く思うのですが、成長し続けている人と成長出来ない人、もし全く同じ環境で...

記事を読む

日本のカッコ良さと、僕のルーツ。

日本のカッコ良さと、僕のルーツ。 僕は日本が大好きで、この国をもっともっと元気にしたいと思っているのですが...

記事を読む

イベント21経営者の一日「発信・共有・学び」

僕の一日を振り返ると、大まかに分けて毎日同じサイクルをまわしているように思います。 午前中は、8:45朝礼にて、理...

記事を読む

香川にてプレ報告。ディズニーランドの法則。

昨日今日と香川に来てました。 9月7日に高松にて報告させていただく香川同友会三支部合同例会のプレ報告だったのですが...

記事を読む

第9回北陸青年経営者三県合同例会in富山

土曜日は、第9回北陸青年経営者三県合同例会に参加する為に、富山へ。 新大阪からサンダーバードで石川県金沢を経由し、...

記事を読む

和歌山から8名の経営者が会社訪問に来られました。第10回おもてなしチームとオープンソースの概念。

最近、週に一回は全国各地から様々な業種の経営者がイベント21に会社訪問に来てくださっています。本当にありがたいです。 ...

記事を読む

ピンチはチャンス。

先週はどうしても優先すべき大切な事がいくつもあり、金曜日のブログ更新ができませんでした。調子に乗って毎日更新するぞと言っ...


最近の投稿



このブログの人気記事はこちら


記事を読む

(日本語) つ、ついに、更新したー!!!どうも、社長ブログです。

Sorry, this entry is only available in Japanese....

記事を読む

(日本語) 平成30年度経済産業省中小企業庁委託「仕事と生活の調和を目指した、ワーク・ライフ・バランスの先進的な取組企業」に中小企業庁から推薦され、撮影依頼を受けました!

Sorry, this entry is only available in Japanese....

記事を読む

イベント21第1回公開MBA!in奈良

1月29日は、イベント21初の試み!イベント21第1回公開MBAを奈良公園の中で開催しました! 社外からも何と関西...

記事を読む

(日本語) イベント21第2回サミット合宿2019!

Sorry, this entry is only available in Japanese....

記事を読む

Event21 First Ever Yokohama Winter Gate! 01 “Uptill the Opening”

Here we go! It's time!! ...to start writing about the fir...

記事を読む

10 years VISION summit by U25.(第1回in鎌倉)

えっ(((((((( ;゚Д゚))))))) やばいやばい(((((((( ;゚Д゚))))))) 今月一回...

記事を読む

シカゴ視察前半インプット!コア・バリュー経営協会仲間や社員達と共に世界最先端を学ぶ。

一か月前、9月16日から9月24日までの9日間、アメリカシカゴに行ってました!(やっとこの話が書ける) 普...

記事を読む

イベント21第2回東京サマーコンベンション2018!01~移動・ランスルー・開場~

開催から約一か月が過ぎ、ついにサマコンブログを書く事にしました。もういい加減逃げられない。。 恒例の、絶対長編にな...

記事を読む

イベント21ベトナム視察2018!(前半)

6月22日から6月26日まで、4泊6日でイベント21ベトナムオフィスへ視察に行ってきました! 昨年に続きこの時期は...

記事を読む

第4回関東イベント21祭り「恩まつりin中野」来場者2000名突破!!!

you happy, we happy!を掲げるイベント21は、三方良しの「世間良し」の部分として地域の皆様へhappy...

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *