日付アーカイブ: 2018年04月01日


イベント21第4回経営方針発表会2018 終盤(委員会ビジョン、入社式、キャンドルリレー、ディスカッション、閉会)

3月16日17日18日の3日間は、株式会社イベント21第4回経営方針発表会2018、入社式、大懇親会、新卒研修合宿でした!

 

恒例の、、、あまりに長いので分割して書きます!

1)イベント21第4回経営方針発表会2018 前半(ランスルー、朝礼、新卒顔合わせ、来賓お出迎え)

2)イベント21第4回経営方針発表会2018 中盤(開会、第27期総括、第28期方針発表、G10・サミット・リーダー・サブリーダービジョン)

3)イベント21第4回経営方針発表会2018 後半(アワード)

4)イベント21第4回経営方針発表会2018 終盤(委員会ビジョン、入社式、キャンドルリレー、ディスカッション、閉会)←今ここ!

5)イベント21第2回大懇親会2018

6)イベント21第3回新卒研修合宿2018(1日目前半)

7)イベント21第3回新卒研修合宿2018(1日目後半)

8)イベント21第3回新卒研修合宿2018(2日目)

 

続きまして、イベント21理念実現に向けて、事業を通じてだけではなく別軸の大きな人財育成の場となっている、13委員会のビジョン発表。

 

★コアバリュー委員会。

12個目のコアバリュー「感動」が誕生。

イベント21の核となるコアバリュー委員会は、今までサミットメンバーで構成されていた委員会ですが、3年目に入り今期から新生コアバリュー委員会として、若手メンバー中心に委員会構成が一新しております。

これはつまりイベント21コアバリューの共有レベルが、既に次のフェーズに入っている事を意味します。また今期も面白くなるな!

 

★ベンチマーク委員会

会社訪問おもてなし、愛一郎ミッションなど、積極的に社外へ学びに出ていき、そして多くの異文化を社内に受け入れるオープンなイベント21。

外の世界と交流する為の繋がりの門を守るベンチマーク委員会は、今期新しく12月に「第1回横浜ウィンターゲート」開催という新しい文化創造を確立する!!

 

★ダイバーシティ委員会

多様性というそれぞれの個性を大切にし、受け入れ、輝かせながら、全国に散らばる110名が一枚岩で一致団結しているのが、みんなが驚くイベント21の強さ。

誰も真似できないこの文化の根幹は、ダイバーシティに本気で向き合っている姿勢。今期はダイバーシティから更なる進化、インクルージョンへ挑む!!

 

★スキルアップ委員会

会社の圧倒的な成長ペースに合わせて、社員も圧倒的な成長ペースが求められるイベント21において、全社員の最速スキルアップが企業発展の命運を分ける。

新卒、新人、20代前半、入社1年目から企業の常識を覆す速度で社員が成長するイベント21の鍵はスキルアップ委員会が握る!!

 

★新卒採用委員会

全業種が人手不足で若者が求人に来ないと言われる現代の日本経済において、プロパー採用で二年連続18名の新卒採用実績。

圧倒的な採用力を強みの一つとしてきたイベント21、後輩達となる次世代の宝達と身近に関わり、経営戦略の重要な役割「採用」を担う、全委員会の中でも花形の新卒採用委員会!!

 

★第5回関西イベント21祭りin奈良実行委員会

イベント好きで地域を良くしたいから入社してくる者だらけのイベント21社員達ですので、仲間達と共に自分たちの自由に企画運営集客設営をおこないイベントを創り上げるイベント21祭り実行委員会は、大変人気の委員会です。

三方良しを大切にするイベント21の、地域良しを本気で担うイベ祭。前期第4回の動員数を大成功に収め勢いに乗っている中、伝統の関西イベ祭に目が離せない。5年目への挑戦!!

 

★第4回関東イベント21祭りin東京実行委員会

西の奈良イベ祭、東の東京イベ祭と、切磋琢磨しながら東西のイベ祭を毎年バージョンアップで盛り上げてきた。地域への巻き込みなど常に一歩先を走っていた関東イベ祭ですが、前期の関西イベ祭の大躍進を目の当たりにして火がついてる状態。

しかし第4回となる今期、関東は今までのイベ祭の概念を覆す、圧倒的な進化に挑んでいる。動員目標1000名!5月26日、中野セントラルパークで伝説が生まれる!!

 

★ブランド力向上委員会

前期新設委員会にして、第1回東京サマーコンベンションを成功させ、ゼロからイチへ生み出した文化をブラッシュアップにより更に強固に根付かせていく重要な二年目。そしてGreat Place to Workに挑む今期。

情報発信力を強みの一つに持つイベント21だからこそ、発信するのは本物のブランドでなければならない。イベント21のブランドは人。そのブランドを更に向上させていく為に、常にイベント21の先陣を切るのがブランド力向上委員会!!

 

★エンゲージメント委員会

前期新設委員会にして、夢かな製作という重要プロジェクトを担いながら、全拠点月イチ社内イベントというエンゲージメント文化を根付かせた。そして今期は更に発展させつつイノベーションを起こす。

愛する社員達が、もっとイベント21への「いいね!」を生み出せるように、もっとイベント21を大好きになってくれるようにしていきたい。僕達が創りたい家族リレーションシップを持ったイベント21を創っていく大切な委員会!!

 

★WowCS委員会

今期誕生した4つの委員会の1つ。イベント21短期一年ビジョンのキーワードであり、新コアバリュー「感動」を担い、お客様に感動のサービスを提供出来るイベント21へ進化する為の重要な軸となる委員会。

三方に感動を生み出せる会社になりたい。目の前の人に感動を生み出せる人になりたい。2018年度のイベント21に描いた夢を先頭で預かるのがWowCS委員会。今期イベント21は更に多くの感動をこの世界に生み出す!!

 

★エデュケーション委員会

今期誕生した4つの委員会の1つ。「共育」という人財育成と企業文化形成の最重要概念を担い、環境整備を進めていく、僕が今最も力を入れたいミッションを持つ委員会。

社内MBA開校や成長出来る図書館を通じて、縦展開出来る「真のリーダー」を社内に増やしていく事こそが、イベント21が次のステージへ上れる唯一の方法。最も重要で最も難易度が高いからこそ、全員がhappy!になる為に本気で挑む!!

 

★ベンチャー委員会

今期誕生した4つの委員会の1つ。社内ベンチャー新規事業がどんどん社員主体で溢れ出る会社にしたい。そんな文化を創りたい。そんなイノベーティブなイベント21がめっちゃ面白い。

誰だって事業を生み出せる事を証明したい。誰だって世の中の課題を解決してこの世界にhappy!を生み出す主体者になれる事を証明したい。その担い手が、イベント21社員でありたい。ベンチャー委員会が新しい文化を創る!!

 

★レジェンド委員会

今期誕生した4つの委員会の1つ。これからもどんどん日本中、世界中にイベント21拠点が増え続けていく中で、全員一致団結のイベント21の良さは、薄まる事無く更に結束を高めていく。

量は質を担保し、質は量を担保する。拡大していく中で、新しい仲間が入ってくる中で、圧倒的速度で変化し続ける中で、しっかりと守るべき根幹を全員で大切にし続ける組織創りを進めるのが、レジェンド委員会。100年後もイベント21であり続ける為に!!

 

全てのビジョン発表が終わり、続いてイベント21入社式(配属決定辞令交付とキャンドルリレー)へうつります!

ついにこの日お披露目するイベント21の次世代の宝達。全新卒18名に配属決定辞令を読み上げたあと、一人ひとりから114名に向けて入社の意気込みを話してもらいます。今年も大変優秀な人財達を採用出来て本当に嬉しい!

 

そして、入社セレモニーへ。二年前の入社セレモニーコンテンツはテープカット、昨年が鏡開きと来ましたが、今年はキャンドルリレーを行います!

「結婚式でよく行われるキャンドルリレーですが、元々キャンドルリレーは、母から生まれた命が親元を離れて、多くの人々に出会い、影響を受けながら、新郎新婦が『出会い』、新しい家族を作るという意味を表しています。

そして最後に「幸せを願って」キャンドルの火を一斉に吹き消します。吹き消す意味としては「願いを閉じ込める」という意味があります。

今回は、両サイドに西日本、東日本のマネージャーについてもらい、真ん中に社長、その間に関西・関東新卒で分かれて並んでもらいます。

そして両サイドのマネージャーより新卒のキャンドルに火をつけてもらいそれを新卒同士でリレーしていきます。

これから一緒に働いていく先輩社員から火を受け取り、それを繋げていく=出会い、新しい家族になるという意味を込めて最後、関西、関東から繋がれた火を社長に渡します。

最後に「成長を願って」キャンドルの火を一斉に消します。今日という日を忘れず、今の想いをいつまでも記憶の中に閉じ込めましょう。」

 

と、司会が話してくれた後、配属先のチームリーダーとなる先輩達が、それぞれの後輩達の前に立ち、一言添えてキャンドルを渡します。

 

東西マネージャーから、火が灯されていく。そして両端から真ん中にいる僕まで、宝達が灯を繋いでいく。

 

そして、僕が掛け声をかけ、会場のみんなで声を合わせ、火を吹き消します。

 

「コアバリュー!努(ゆめ)!」

「なりたい自分になろう!!」

新卒達の手元のそれぞれのキャンドルには、先輩達からのメッセージが浮き上がっています。

 

会場スクリーンには、先輩達からの全メッセージが流れています。

幻想的な入社セレモニーでした。

入社式は新卒採用委員会が担当してくれました。イベント21の宝達の為に、委員長をはじめみんなよく頑張ってくれたな!

 

めっちゃ大変な中、想い籠めて創り上げてくれました。この時舞台袖では、17新卒から挑んでくれている2018年度新卒採用委員長がこの大役を終え、涙を流していたと聞いてますし、彼女から、委員長をフォローした神奈川支店長にあてたbookメッセージが全てを物語っています。

「小杉さんという存在が圧倒的すぎて、叩きのめされそうになりましたが、もう大丈夫です。この3か月は今まで以上に頼りに頼ってしまいましたが、最後まで付き合ってくださりありがとうございました! 入社式後、会場で小杉さんが背中をポンっと叩きながらくれた一言が入社して一番でした。これからもよろしくお願いします!」

先輩達の想いを受け取った18新卒達が、また感動のイベント21を創り上げてくれますし、彼らが19新卒達、後輩へまた繋いでいってくれるんです。みんなありがとう!

 

入社式が終わり、休憩の後、グループディスカッションです!

ウチの社員達は、この経営方針発表会にて、来賓の皆様とディスカッションして学べるのを凄く一年間楽しみにしてくれています。中々無いですからね、社外の経営者とディスカッションして学び合える場は。

 

今回の討論テーマは「あなたが感動したサービスはなんですか?自分の毎日の仕事の中で、そのような感動を三方良しでどう提供していきますか?」

 

全拠点のイベント21役職者や社員達、新卒達、社外の来賓経営者や、それぞれの社員さん達、金融機関、協力会社、顧問のみんな。全員がバラバラにグループになって、学び合います。

 

今回、17テーブルの中で、13名のグループ長をイベント21社員が担いました。みんな良い経験になったと思います。

 

アウトプットが最大のインプット。それはイベント21にとっても、来賓の皆さんにとっても同じ。全員でアウトプットし合う場こそが、一番みんなをhappy!に出来る。

 

盛り上がってきましたよ!

 

グループ発表。手を挙げる文化のイベント21.

「平均年齢28.4歳のイベント21ですが、18名の新卒が入ってくるので4月から26.5歳になります。若者が世の為人の為に一生懸命頑張っているのがイベント21という会社です。

 

皆さん、先ほどの委員会ビジョン発表見ていただきましたが、13委員会中、8委員会の委員長が昨年度入社の17新卒です。社会人一年目の21歳、23歳の日本の宝達が、声を詰まらせたり、震わせながらも一生懸命自分のビジョンを114名の前で、他社の経営者の前で発信してくれてましたよね。

 

この経験が、彼らの経験になり、自信になっていくのです。成長の場になっているのです。

 

今から行うグループ発表で、たった2人だけ、この114名の前で発表するという、成長の経験が出来ます。

我こそは!と思う社員達、そしてどうしてもこのかけがえのない経験を自分のグループの宝に体験させてあげたいと思ってくれる来賓の皆様は、手を挙げてください。

 

発表したい人!!!」

ありがとう!!!

 

見事勝ち取った一人は、神奈川支店の18新卒営業の、Kくん!

 

そして東京支店18新卒CCの、Mさん!

二人ともよく頑張ったな!

さっきみんなで話した事をまとめて、沢山の人の前で話すのはめっちゃ難しいやろ?

それでええねん。これからイベント21で働く中で、びっくりするぐらい上手くなるからな。自分の感じた事を相手にきちんと伝えられる人になろう!そっちのほうがもっとみんなをhappy!に出来る人になれるから。

 

そして最後は、ご来賓による本日の感想。

コアバリュー経営協会で共に学ばせていただいている、株式会社ルビーの辻本社長。従業員数1000名を超える企業を経営されている辻本さんとの会話は、いつも勉強になります。今回は弊社の為に挨拶いただき、本当にありがとうございました!!!

 

最後は全体写真!!!

ダジャレ好きのアメリカ人新卒Dくんに「みんなこのアメリカ人気になってるでしょ?Dくんはダジャレが得意なんですよ。Dくんが今からおもろいダジャレ言います」と無茶ぶりし、盛大に一発スベったところで「はい、チーズ!」とパシャり(笑)

右下で頭抱えてるDくん(笑)ありがとうなDくん!!!

 

最後はお見送り。

皆さん「感動しました!!!」って口を揃えて言ってくださって、本当に感謝です。お忙しい中、ウチの宝達に一生懸命関わってくださり、皆さん本当にありがとうございました!!!

 

最後は、2017アワード獲ったメンバーで写真!ファンタスティック拠点賞と!

 

ここからは、社員だけの大懇親会へ続きます!!!

5)イベント21第2回大懇親会2018