日付アーカイブ: Monday May 11th, 2015


ウサギとカメの話。

イベント21という会社の良いところは、未来への可能性に溢れている事です。それは、何でも挑戦出来る環境がある会社だからです。

 

良い商品サービス、良い社員、良い社風など、そんな会社は世の中にまぁまぁあります。

だけどそれプラスで、情報発信力を強みに持っている会社は世の中そんなに多くない。

結局どれだけ良いモノを強みに持っていても、知ってもらわないと意味が無いのです。選択肢に入るからこそ、話が始まります。

良いモノを持っていれば勝手に皆さんが見つけてくれるほど、この情報で溢れた社会において、自分だけに世の中は都合良くまわっていません。

逆に知ってもらえる力はあっても、中身がスカスカでは全く意味が無いのです。自社の弱みを大きな声で告知しているようなもので、そんな勢いだけの会社はたったの5年も続きません。

 

ウサギとカメの話、あるじゃないですか。僕はあの話を聞くたびに、なぜ登場人物は二匹だけなんだろうといつも不思議に思います。

本当はあの話は、4匹居てるんですよ。

作中のウサギとカメと、カメの性格をしたウサギと、ウサギの性格をしたカメです。

イベント21は誠実に一生懸命本物の理念やサービスを目指して努力し続けながら、器用に発信力やビジネスモデルや戦略も実力として持っているから強い。

僕達はカメの性格をしたウサギです。

 

決してゴール付近で余裕出して寝たりしない。なぜならこのタイプのウサギは、目の前のカメとの勝負に勝つ事がゴール(目的)ではないからです。

志という、自分達がどうしてもやりたい事があり、その実現の為には誰よりも早く走れる脚力(影響力)が必要だから、練習がてらにカメと勝負しているだけです。

つまりこのウサギは自分自身と勝負してるんです。今日は自己ベスト出すぞ〜という気概でよーいドンしてます。だから寝るとかあり得ない。

 

イベント21の志は、you happy, we happy!の実現です。この志を突き詰めれば、世界中の命の幸福実現になります。

この最高に愛すべき、そして腐っている世界を変えたいんです。その為に、僕達は世の中をより良く出来るサービスを生み出し続け、日本中世界中に発信し続ける。

 

自分のテリトリーが広いと、それだけ多くの人に存在を知ってもらえる事になります。すると自分では想像もしなかった角度から色んなチャンスをいただく事が増えるのです。

発信すればするほど出来る事がどんどん増えていく。こんな会社、未来への可能性に溢れてると思いませんか。

何でも挑戦出来る環境って、ワクワクするし成長出来るんですよ。

 

だけどまだまだ、力が足りない。手を差し伸べる人達が世界中に何十億人も居る。今日も沢山の人達が泣いている。イベント21がもっと力を持っていれば、こぼれずに拭えた涙が。

もっと笑顔を生み出そう。人と人を繋ぐイベントという素敵なコミュニケーション事業と、地域にリーダーシップを発揮出来る人財を増やそう。you happy, we happy!を発信しよう。必ず世界を変えていけるから。

 

未来の子供達がワクワクして読む、新しいウサギとカメの物語を描くのは僕達だ。

 

china_184p