月間アーカイブ: January 2017


物事の本質を知る力を養う。

こんなことを書くとまた上から目線になってしまい恐縮ですが、

本当に悪気は一切ないのと、昔から一貫してこのスタイルなので特に最近から調子に乗ってるわけじゃないということで勘弁いただいて。

 

 

僕は生まれてから今まで1mmもブレずにずっと調子に乗っています。

大体はどこかで頭打つと思うのですが、僕は運が良くも、36年間ずっと乗り続けてこれて、今に至ります。

 

 

もちろんたまには悔し涙も流すのですが、たぶんその瞬間も調子に乗っているように思います。

 

 

そしてどこかの誰かに、あいつは調子に乗っているといわれる事に対しても1mmも気にならないから不思議です。

なぜなら、それほんまやから!(笑)

 

 

出る杭は打たれると言われますが、出る事よりも、打たれる事のほうが怖い人は調子に乗りません。

僕の哲学は、

出る杭は打たれるが、出過ぎた杭は打たれない。そして誰よりも出る杭にまでなると、いずれはみんなを支える棟になる。

 

 

それぐらいの気合いの入った調子乗りなのです。世の為人の為、使命感持って調子に乗っています。

 

 

今までの常識が100点とは決して思えないので常に新しい事に挑戦しますし、

それが結果的にみんながもっと幸せになる事だという信念を持ってやってますので周りの目や声は一切気にならないし、

誰もが理解できるぐらいの分かりやすい圧倒的な結果が出るまでやりきります。

 

 

前置きが長くなりました。本題に行きます。

 

 

世の中に新しい価値を生み出す。

 

 

その為には、本質を捉える事が大事に思います。

入口であるここが浅いと、そのズレたルートでどれだけ一生懸命頑張っても大きな結果は得られない。

 

 

しかしなぜか、本質を捉えきれていないまま、体がクタクタになるまで頑張っている人達が、世の中本当に多いなと思います。

たぶん、9割以上の人達がそうです。

 

 

もちろん僕なんかより凄い人は沢山いてます。

だから何も言わないのではなく、それでもあえてこんな事を真顔で言うやつが一人ぐらいいたほうが世の中面白く周るなぁと真剣に思ってるので言ってます。

 

 

しかしなんで9割の人はそっちに行くんかな?と考えた時に、じゃあなぜ僕はこっちに行くべきだと思うんだろうと考えました。

 

 

僕は、本質を捉える為に、無意識の習慣として常にやっている事があります。

 

 

何のために?を五回繰り返す事。

鳥虫魚時人の五つの視点で見る事。

心技体や三方良しなど常に物事を単軸ではなく三つの軸で捉えて、それを三位一体で考える事。

色んな場所に行き、色んな人に出会い、色んな話を聞き、自分の範囲外の知の刺激を感じまくる事。

 

 

本質を捉える習慣を持たないと、もちろんマグレはあるでしょうが、継続して本質は捉えられない。

成功体験を蓄積していかないとPDCAも出来ないし、ロジック化も出来ないし、習慣化も出来ない。

 

 

思考停止にならずに、上記の大切な本質を考える時間をどれだけ持てる環境を自分でつくれるか。

 

 

そしてまずは自分の中に経験値という引き出しをどれだけ持てるか。

 

 

こんな大切な事に、これが大切な事だとまずは気付けるか。

 

 

何より、自分のビジョンを持てるか。

自分は将来こうなりたい!が強く想えないと、そもそも今自分が立っている現在地点と目標との圧倒的に足りていない差に気付けないし、だから引き出しも積極的に増やそうと思わないし、本質を考える環境を創ろうとも思わない。

 

 

そんなことを一生懸命考えている調子乗りの僕ですが、今度滋賀でお話しさせてもらうご縁をいただきました。ありがとうございます。

 

 

16358489_1585320731483646_2083055806_n

 

 

みんなで、本質の話をしましょう。

もし興味ある方は是非ご参加ください^^

 

 

写真は、滋賀同友会青年部仲間の皆さんと、第39回会社訪問おもてなしチーム。

IMG_7430

 

 

いつもありがとうございます。


自分が強くなる方法は、人生でどれだけの約束を背負えるかだと思う。

約束と聞くと、皆さんはどんな感情が生まれますか。

ロマンチックに感じる人もいるでしょうし、少し面倒くさいと感じる人もいるかもしれません。

 

 

僕は、色んな人と約束を沢山したほうが、人生めっちゃ楽しめると思っています。

 

 

もちろん、自分のプライドにかけて絶対に約束を実現する前提です。

しかも、簡単には実現出来ない約束を沢山する事に意味があります。

 

 

例えば、僕の場合なら、中学校や大学に行って、子供達や学生達、つまりこの国の宝達にむけて、企業の経営者として授業を行う事があります。

「夢を叶える授業」といいます。

 

 

その時に必ず言うのが、

「みんな大人になったらめっちゃおもしろいで!だからみんなは自分の未来に期待していいで。でも自分の未来を面白くするのは自分自身やで。誰もやってくれへんで。

だから勉強したり、挑戦したりして、色んな経験を貯めて成長していかなあかんねんで」

という話をします。

 

 

僕はこの時、教室の子供達全員と、勝手に約束させてもらってると思ってる。

 

 

彼らが大人になって、僕に出会った時に、

「あの時はカッコよく見えたけど、今見たら大したことなかったわ」って絶対に思わせたくない。それって本人めっちゃがっかりですよ。何やそれ、ですよ。

 

 

「あの時カッコ良いなと思って、あの時言ってくれた言葉を信じて、頑張ってきたけど、やっぱり間違ってなかったわ。この人もっとカッコ良くなってるわ。自分ももっと頑張ろう。大人おもろいやん」

って、思ってもらいたいです僕は。子供達に夢を与える。それが大人の責任ですやん。

がっかりさせてどないすんねん。誰も夢も希望も持てへん世の中なるわ。

 

 

だから僕は、自分で自分の口から想いを乗せて言葉を発信した瞬間に、その言葉が届いた人達全員と約束してるんです。

自分の出した言葉や影響力を、子供達にとっての本物にしたいから。

 

 

だから、僕は頑張れる。

人は、自分が出した言葉を自分のプライドにかけて必ず実現する約束と捉えることで、そんな約束が多ければ多いほど、背負えば背負うほどに強くなれる。

僕はそう思っている。

 

 

先月の14日、愛知青年同友会の例会で報告させていただきました。

15591783_1136822516437128_1811348883_n_R

15515622_1136823343103712_980534537_o_R

170名の経営者の皆さんの前で、自分の想いを発信する。

これも、僕の中では勝手に、170名の経営者さんと約束させていただいてると思っている。

 

ここまでデカいこと言って、夢語りまくって、ビジョン発信しまくって、世界を変えるって言うて。

「中野さんの話良かったって思ってたのに、気が付いたら会社倒産してるやん」って絶対に思わせたくない。

 

「中野さんの話が良くて、こんな会社目指そうと思って、頑張ってきたけど、やっぱり間違ってなかったわ。イベント21、もっと良い会社になってるやん。自分ももっと頑張ろう。経営ってしんどいと思ってたけど、おもろいやん」

って、思ってもらいたいんです僕は。

 

みんな経営の勉強しに、良い会社創るヒントを掴む為に、忙しい中時間とお金使って、この例会に参加してる。

せっかく僕の話を聞いてくださった皆さんに、ポジティブな影響与えるのが僕の責任です。

 

じゃあ、日本がもっと元気になる。

 

今回の報告内容アンケート、4段階なんですが、

1:よくなかった 2:あまりよくなかった 3:よかった 4:大変よかった

アンケート回収数が117のうち、
大変良かった:105
良かった:10
あまりよくなかった:1
回答なし:1

 

で、4点満点中、3.897点でした。100点満点に直すと、97.4点。ありがとうございます。

ちなみに、その前の神奈川で300名の基調報告させていただいた時は、97.2点でした。ありがとうございます。

 

まーここで早速調子に乗らせてもらいますと(ここで調子乗らずにはいられない)

日本全国どこでも!毎回!数十人であろうが数百人であろうが!

僕の報告を聞いてくださった皆さんからは大体97点前後の嬉しい結果をいただきます。あざーす!

頑張った甲斐があってめっちゃ嬉しいー!次は100点取るぞ!

 

とまぁ、いったん調子乗ったのでこれはこれでOKとして。

 

ここまで良かったって思ってくださっている経営者さんが多い中で、僕がしょーもない会社創ってたら、めっちゃカッコ悪いわけですよ。そんなん絶対耐えられない。人として。

社員が全然生き生きと働いていないだとか、全然利益出てないだとか、全く会社として成長していないだとか。最悪の展開ですよ、それ。しょーもな、ですよそれ。

 

だから僕は、毎回会社の話を皆さんの前でする度に、次お会いした時にはもっと良い経営者であろう、良い会社を創ろう、と強く思うのです。

いつも喋りながら、真剣に僕の話を1時間、1時間半聞いてくださっている皆さんの顔を見ながら、僕はそう感じているのです。

 

これほどありがたい話はないです。

一人でも多くの人に関われば関わるほど、想いを話せば話すほど、僕は強くなれるのです。

 

だから、表題に戻りますが、こう思うんですよね。

自分が強くなる方法は、人生でどれだけの約束を背負えるかだ。

 

最後の写真は、例会が終わって、懇親会、二次会の後、本当にお世話になった担当のお二人と、今回一泊二日で同行してもらったイベント21の宝である勤続20年の古参社員Hさんです。締めのカレーうどん。

 

15515705_10155318927135400_441667026_o_R

 

Hさんに聞いてもらえて嬉しかったです。

愛知の皆さん、本当にお世話になりました!

 

いつもありがとうございます。


新年一発目の更新は、イベント21東京第3回内定式!

もう既に何となく、あけましておめでとうございますって言う時期も過ぎた感があるので(一応ギリギリ15日ですが)、そこらへんはさらっと行きましょう。
さて、東京で第3回内定式を行いました!

イベント21では何回も内定式を行う文化があります^^

なぜなら10月初旬開催の内定式以降に決定した内定者にも全員、人生で一度となる内定式を経験してもらう為。

 

 

img_5074_r

第1回奈良本社内定式

 

 

img_1513_r

第1回関東(東京支店・神奈川支店)合同内定式

 

 

03_R 
第2回東京支店内定式

 

 

そして今回の、第3回東京支店内定式です。

新たに2名の宝が加わりました!

 

 

01IMG_0152_R

 

 

すでに今回は1月という事もあり、2017年4月入社で同期となる内定者の中でインターンアルバイトで来ていたメンバーも居て、第3回東京内定式の創り手側で参加してくれました。

感慨深いものがありますね~。

そういえば奈良では次年度新卒の面接にも、同期となる内定者に同席してもらった事あるな。

 

 

同期になる仲間に対して、内定者が受け入れ側で関わる。

まだ正式に正社員として入社していない段階から。

 

 

どんどん理念共有の年輪という経験が、確実に次年度新卒の中で増えていっています。

 

 

一番早い内定者で、6月ぐらいからすでにウチでインターンアルバイトに来てくれていますし、週に何度も出勤してくれるメンバーも多い。ありがたい事ですが、4月入社の段階でフレッシュ感があるのかな(笑)

入社日から、ウチの内定者は参加者意識ではなく、主体者として参加してくれる。

 

 

つまりそれは、最速で彼らが世の為人の為に社会に関わる事が出来る力を身に着ける準備であり、入社後の成長速度もロケットダッシュで角度を上げられる武器を持つということです。

 

 

イベント21は4月1日時点で、全社員中、実に6割の社員が、新卒入社という事になります。(既卒・第二新卒含む)

「初めて正社員として社会人デビューしたのがイベント21で、今もずっとイベント21社員として頑張っています」という社員が、組織全体の6割で構成される企業。

イベント21カルチャーで成長してきた純度100%の社員が組織の過半数を超える。

 

 

だからこそ、全員が同じ方向に向きやすいし、家族的繋がりを育みやすいし、エンゲージメントも高い。

辞め癖のついている社員もいないし、大切にすべき価値観から大きく外れる社員もいない。

 

 

もちろん、4割の中途入社メンバーも、今残ってくれている時点で、辞め癖のついていない社員であり、大切にすべき価値観を共有している社員であり、イベント21のカルチャーに自分の方向性を合わせる事の出来た、変化に対応出来る社員という事です。

中途入社組も、大変優秀なメンバーとして今の時点でかなり厳選されている訳です。

 

 

6割の新卒入社メンバーと、現イベント21カルチャーを創ってきた4割の厳選された中途入社メンバーで一致団結している。

だから強い。本当に素晴らしいなと思います。

 

 

そんな感じで、第3回東京支店内定式の様子です!

社長挨拶から始まり、内定証書授与、内定者挨拶と続きます。

 

 

IMG_0057_R

IMG_0075_R

IMG_0085_R

IMG_0101_R

 

 

そして先輩社員挨拶。新卒採用委員会メンバーを中心に、東京支店長、神奈川支店長、東京サブセクションチーフ、同期となる内定者、東京リーダー二名が、それぞれ熱い想いを発信してくれました。

 

 

IMG_0109_R

IMG_0115_R

IMG_0117_R

IMG_0132_R

IMG_0135_R

IMG_0138_R

IMG_0146_R

 

 

その後は、グループディスカッションと、発表です。

理念、コアバリュー、手を上げる文化、無茶ブリの文化、自分の意見を本気本音で伝えるアウトプットの文化、自分のなりたい人間ビジョン設定、個人と会社の方向性を合わせる文化、本質を深める文化など、様々なイベント21カルチャーを体感してもらいます。

 

 

内定者の2名とも、緊張もしたと思いますが、一生懸命頑張ってくれました。

これから社会人になるうえで、豊かな人生を歩むうえで大切な気付きがこの日を通して沢山あったと思います。

 

 

IMG_0155_R

IMG_0157_R

IMG_0161_R

IMG_0165_R

IMG_0174_R

 

 

最後は内定者も交えての懇親会!

いつもの感じで、楽しく熱く、爆笑と理念共有の場になりました~

みんなお疲れさん!

 

 

IMG_0184_R