人を育てる環境づくりとは。

こんにちは、根本です。

 

最近現場だらけだったのですが、タイミングよくデスクワークの日に

ブログ担当が回ってきました。

神様はみているものだなぁ(笑)

 

さてさて

 

久々に人事ブログの更新担当が来ましたが、最近の皆さまが書かれる内容が立派なので

せめてもの想いで、私もタイトルをいい感じにしてみました。

形から入るのは、大事です。

 

いや、ちゃんと話たいこともあります。

 

現場だらけ、ということで二回ほど竣工式をやってきたんですけど

 

DSC_0809

 

一回目は新人一年目の子にきてもらって、二回目はインターンとしてバイトに来てくれている子を連れて行きました。

 

DSC_0812

 

片道一時間の道中、私が運転、相手は助手席

目をみて話ことも大事なのだけども、意外と隣同士で雰囲気を感じながらの語り合いってぽろぽろ話やすい。

 

「ぶっちゃけ、何か思うことあったの?」とか

「最近何してるときが一番楽しい?」とか

「彼氏と順調?」とか、エトセトラ。

 

こんな話をする時間さえも、会社と社員のベクトルを同じにする大切な時間です。

もちろん、現場でいろいろな知識・経験をしてもらえるという最大の成長の場もあります。

でもそれだけじゃないということですね。

飲みにケーション、というものが今やアルハラまがいの扱いを受ける場面もありますが(私はどんとこい飲みにケーション派)

強要をしたいんじゃなくて、「あなたを知って、話したい」の気持ちが強いだけです。

 

その気持ちがあるおかげで、イベント21には人を成長させる場面が多々多々ありわけなのですね。

 

うんうん

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です