恩送りの精神

こんにちは!

 

イベント21 奈良本社 サブセクションチーフの村下です。

暑かった夏の日も過ぎ、朝晩はめっきり寒くなりましたね~

僕はバイク出勤なのですが、昨日からいよいよネックウォーマーをつけ始めました。

みなさん風邪などひいていませんか??

 

今回は「恩送り」についてすこしお話を。

 

弊社コアバリューに「恩送り」というワードがあります。

この「恩送り」は造語です。

「恩返し」じゃねぇの??って思いますよね?

僕もはじめはそう思ってました。

でも入社してこの言葉を知り、すごく好きになった言葉でもあります。

「恩返し」は先輩から教えてもらった恩を、なにかのカタチで返すのが「恩返し」

「恩送り」は先輩から教えてもらったことを、活かし、後輩たちへ、後輩たちからさらにその後輩たちへ・・・

紡いでいくという意味です。

先輩から教えてもらうことは当たり前、それを伝えていくことが先輩としての関わりだからです。

 

実際、イベント21ではこの文化はコアバリューというものができる前から当たり前の文化としてありました。

今ももちろん受け継がれています。

 

 

これは毎年開催されている奈良県香芝市にある酒造さんの酒蔵まつりの1枚です。

このお祭りの案件、元々はエリアマネージャーの現場で初年度から自分もアシスタントとして関わっていました。

「来年から1人でアタマはっていけるね!あと新人もつれていく現場にしよう!」

と言ってもらった時は嬉しかったことを鮮明に覚えています。

 

あれから3年。

 

今では、後輩をつれていってこのお祭りのお手伝いをしております。

初年度からどんどん来場者数が増え、毎年来場者数更新しているお祭りです。

来年も新たな仲間と地域を盛り上げ、恩送りを体現し、三方良しを体現していきます。

 

こんな素敵な仕事をしっかり教えてもらいながら、楽しみながらできるってすごくないですか?

 

イベント21でぜひ一緒に、自分を、周りの人たちを、地元を、世界をhappy!にしていきましょう!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です