オンライン大学祭という新しい可能性

皆様こんにちは!

カキヒサです!

 

今日は最近流行りのお仕事をさせてもらったので、

書かせていただきます。

 

きっかけは担当の三坂さんより、

【愛知のオンラインのイベントがあるので、手伝ってくれませんか~】

 

と相談されました。

 

詳しく話しをきくと、お客様は広告代理店で、

ホームページを制作している愛知の看護学校にて、オフラインでは大学祭がコロナの影響で中止になったが、

せめてオンラインでは開催をしたいという話はあったけど、ノウハウがないので、

なんとかしてほしい!ということです。

 

話を聞いただけでワクワクするし、愛知に行けると行けるし、単純に面白そうなので【行く~!】と二つ返事で応えました。

愛知まで、ほとんど運転したことがないという、4代目東京CCの尾高さんに80km近く東名自動車道を走らせるというのが、

なかなかトリッキー笑

ご本人も覚悟をしていたのか、初心者マークを2枚用意しているという素敵さ。

 

走る尾高。

走る走る走る。飽くなき道を走る走る。

 

「特に飛ばさないでゆっくりでいいからねー」

「わかりましたー」

 

とつたえていたにも関わらず少し走行したら、

ところどころで右側車線に移動して、他の車を追い越している姿に笑いました。

 

愛知に無事につき、リハーサル。

何をするかというと、

 

 

じゃ~ん。zoomを活用したオンラインイベントです!

 

イベント21は拠点を超えた会議をしているので、

zoomはよく活用しています。

 

コロナの影響によりzoomの需要が増えたことや、

夏に行われた、イベント21の三大行事の一つのサマーコンベンションではzoomを用いて、

関東、関西、ベトナムで同時開催を行いました。

 

【あれ、やってることもはやテレビの生放送みたいなことしてない?】

と薄々感じていました。

 

まさか、社内行事での経験がこういうふうにお仕事になっているという経験がものすごく生きています。

 

 

zoomといればCCと言われるくらい、操作なれしている二人です。

マスクはしていますが、口元はにっこり(なはず)です。

 

 

学生のみんなが作り上げていく学園祭、

なんとか形にできて、本当に良かったです!!

 

 

もっともっとブラッシュアップをしていき、

皆様の【どうしたらいいんだろう?】

に応えられるようにしていきます!

 

 

 

 

良かったら、この記事をシェアしてください!
イベント21にエントリーする!