よくある質問は相手目線の宝庫

皆さん、こんにちは。イベント21WEBマーケティング部の川島です。

今回はWEBサイトでよく見かける「よくある質問と回答(Q&A)」についてお話したいと思います。
私たちイベント21は、WEB上での情報発信をとても大切にしている会社です。
だから十分な情報発信ができているのかと言われると、実はそういう訳ではありません。

営業スタッフが活躍する現場からの情報は全社員に共有され、このように「よくある質問」としてWEB上に掲載されていきます。

お客様から何気なく出たこれらの質問ですが、私は相手目線の宝庫だと考えております。

相手目線ってどういうものか?

弊社が大切にするコアバリューの一つに「相手目線」というものがあります。

「もっと便利に、もっと楽しく、もっとhappy!に」

これを実現するためには。自分が相手の立場に経って物事を考え、世の中が本当に求める情報を発信する必要があります。
例えば実際に質問された事なら、それを先に書いておけば2度も3度も同じ質問に回答しなくてもよくなります。

何より、お客様は不明点があれば必ず質問してくれるわけではありません。
だからこそ、情報発信するときは相手目線に立たないと、せっかくお客様の目に留まる場所で情報発信しているのに不明点があるせいでモノやサービス、人の魅力が十分に伝えられないかもしれません。

そんな勿体無いこと、避けたいですよね。だからこそできる限りの相手目線に立ちたいのです。

ところが、同じ場所でずっと働いていると、次第にその人の中で「当たり前」が出来てしまいます。
知らない人からしたら「当たり前」じゃないのに。
むしろ、知らないからこそ聞きたいのに。

そんな時はどうすれば良いのでしょうか?
誰の力を借りれば良いのでしょうか?

頼りになるのは、入社したての仲間たち

右も左も分からない真っさらな状態だからこそ、出せる質問があります。
今、入社したてのイベント21の仲間たちから沢山の質問をもらい、それを先輩社員たちが回答しています。

「確かにコレ書いておかなきゃわからないな」
「あ、そんな使い方するんだ。それは現場じゃなきゃわからないな」

こんな風に気づかせてもらいながら、今日もWEBチーム達はよくある質問をWEBサイト上で発信しています。

自分たちが取り扱う商品やサービスが、さらに付加価値のあるものとして進化していく為に。
それを使うお客様にとって、本当に相手目線に立った対応を可能にし、地球の隅から隅までのyouに、三方良しのhappy!を届けられるように。

イベント21のWEBサイトはこれからも進化し続けていきますのでお楽しみに!
いつもありがとうございます。

良かったら、この記事をシェアしてください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

イベント21にエントリーする!