みんなの成長を感じられたWG

こんにちは!クリエイティブ事業部セクションチーフの井藤です!

 

12/19にイベント21の3大行事の一つ、WGが開催されました。

これから数日、ウィンターゲートの記事が至るブログで連発されることが大予想されるのですが、

私はちょっと違う視点から、WGをご紹介できれば、と思っています。

(あと、色々忙しかったせいか、気が抜けて風邪ひきました。鼻水がとまらない。笑)

 

このWG、印象に残ったことはめちゃくちゃたくさんあるのですが、

何よりもめっちゃ嬉しかったなーと思うのが、クリエイティブ事業部の後輩たちの成長をめっちゃ感じられたことかなと思います。

 

まず、アメリカ人新卒Dくん。

WGでのアワード「クリエイトリンク賞」を受賞しました。

クリエイトリンク賞は、外部との新たな繋がりをどんどん作っていった人に贈られる賞。

 

DくんはIE事業部での仕事として、海外との繋がりをどんどん増やしているだけでなく、

自分でいろんな日本の工芸品を扱う業者さんへ連絡して、提携業者さんにしていったり、

プライベートでも積極的に交流会などへ参加して、いろんな繋がりを作ってきたり、

地元のオハイオ大学で、イベント21のプレゼンをしてくれたりしました。

いつの間にか「え!?そんなことしてたん!?Dくんすごいやん!やばいやん!」ってことが多い、そんな子です。笑

 

 

彼との出会いは面接のことから遡って思い出されます。

「you happy,we happy!という理念に感動したんですよね、コアバリューも、掲げるだけで何もできてないアメリカの企業も多い中で、

イベント21はちゃんとやってるんだな、ってことが感じられたのがすごくイベント21を好きになったきっかけ」

そう言ってくれたDくん。

面接では「イルカはいるか?」「カレーは辛ぇ!」などと、今どき日本人でも言わないような寒いオヤジギャグも連発し、

すっかり面接官の私達を虜にして入社しました。笑

 

入社2ヵ月で、赤レンガで行われる音楽フェスのブース設営(しかもお客さんは100%海外の方)もしましたね。

クリエイティブのメンバーが色々応援に行って、私も横浜まで行った。

 

6月にはベトナムも行ったね。ピーナッツアレルギーのせいで、いろんなものが食べれなかったけど(笑)

誰よりもIE事業部という事業部に熱い想いをもって、「Create happy!Encounters for the world」という素敵なビジョンまで作って帰ってこれたね。

ベトナム戦争博物館では、1番心に刺さる展示が多い2~3Fを見ずして満足して帰ってきたり、(来年は見に行こうなあ。笑)

ベトナムの値切り文化にびっくりしたりしながらも、めっちゃ楽しんでくれたね。

毎日ベトナム支店のKさんと、今でもMTGをしてくれていて、ダコタくんのおかげでめっちゃIE事業部が進んでる。

 

大阪の出張案件もあったね。

何度も地獄を見た現場でしたが(笑)こんなおしゃれ、かつ規模感の大きな仕事をすることができるのは、

Dくんがイベント21にいてくれたおかげだね。

美味しいたこ焼きも一緒に食べれて、よかった。笑

 

ちょっと天然で、抜けているところもあって、その都度私に怒られたりして元気なくなったりしているけれど。

それでも、いつもしっかりビジョンを見据えて日々の仕事をしているダコタくんのことを

本当に尊敬しているよ、いつもありがとう!

Dくんのおかげでいろんな現場行けたり、色んな国の人とコミュニケーションとったりできるのが最高に楽しい!

これからももっとIE事業部を加速化させよう!

 

表彰されたDくん、プレゼントはずっと欲しがっていたバインダーをプレゼント!

(CCのMさんチョイスです!)

二次会のときに「プレゼントみた?」って聞いたら「めっちゃ欲しかったやつですよ!!めっちゃ嬉しいんですけど!!」

と喜んでました。笑

 

 

続いては、CCのMさん。

今回はCCコンビ二人で、司会を担当。

(私は司会するとマイク離さず大暴れするタイプなので、色々困らせたかと思います、ごめんね。笑)

 

WGC(ウィンターゲートコーディネーター)として、このWGの準備にめっちゃめっちゃ頑張ってくれました!

そんな感謝の気持ちを込めて、私と、関東エリアマネージャーKさんからお花のプレゼント。

 

また泣いとる!笑

 

とっても泣き虫で有名なMさんです(私も人のこと言えんけど!笑)

 

WG前日も準備段階でボロボロ泣いてました(人にやさしくされると泣くらしい・・)

 

去年の内定式の後、CCの話したら「興味あります!」って言ってくれて、

そこからCCとして今日のこの日まで頑張ってきましたね。

 

いきなり1月のサミット合宿につれてこられて、頭パンパン、どうしたらいいの!?状態で大変やったと思います。

 

入社してすぐ、CCとしての仕事も、新規事業部のクリエイティブ事業部としても、

山程ある仕事に、時間の使い方の難しさや、自分のキャパについて悩んでたこともあったよね。

最初は関西に出張くる度に、面談すると泣いてたような?笑

 

でも、7月のコアバリューセミナーに参加して、

CCって仕事って、もっともっと面白いのかも?って思ってくれたんだったよね。

ちょうど、サマコンでの大活躍も評価されて、東京支店のMVPにも選ばれたね。(そん時も泣いてたって聞いた。笑)

 

そのあたりから、化けの皮が剥がれたように、めっちゃぐんぐん成長してくれたなあ。

私が現場で死にかけて事務所に返ってくると「井藤さん、あれもうやっときましたよ!」「え!?うそやん、できる子すぎるやん…」

みたいなこと何回もあったし、

慣れない打ち合わせにたくさんいったり、12月はWG準備もしながら、ほとんど週末は現場というかなりハードな毎日を送ってたね。

それでも楽しんで取り組めていたのがすごい!

 

シカゴも一緒にいけてほんまに良かったなあって思ってる。

海外に興味関心が強いMさんだから、やっぱり拾ってくる情報もとってもアンテナの感度が良くて。

研修の後の戦略会議も、「そんな案だしてくるかー!」っていう、いろんなアイディアを出しててすごいな~って純粋に尊敬したし、

コアバリューを体現していくことの大切さをいっぱい学ぶことができたね。

 

私自身も、初めての後輩、そしてCCとしても初めての2人目。

どんな風にCCとして、後輩に関わればいいのかなって考えたし、

0から1を作り上げる大変さとはまた違った、1を2にしていく大変さ、そんなMさんの葛藤を

なかなか分かってあげられなくて、しんどい思いもさせたよなあ。

おんなじ拠点で、一緒に面倒みてあげられたら良かったかな、とか色々思うことはあったけど、

今はそんな心配ないくらい、めっちゃ成長してくれたなって思います。

 

CCになってくれてありがとう!これからも、CCって仕事をもっともっと面白く、最高にしていこうな!

 

 

 

ということで、普段あまり2人を、思いっきり褒めたりすることをしないので、

ここでちょっと紹介してしまいました・・・。笑

もっともっと、彼、彼女たちが輝けるように、私も更に恩送りの精神を持って関わることができればいいなと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です