愛一郎ミッション

イベント21には独自の取り組みがいくつもありますが、その一つである愛一郎ミッションについて今回ご紹介します!

愛一郎ミッションでは全国津々浦々で行われている中小企業家同友会へイベント21社員が同行し、大勢の経営者の皆様の前で社長のプレゼンを聞いたり、グループディスカッションを交えることで、普段現場で働いているだけではできない良質な学びをインプットし、また自分や仲間たちが「なぜ働くのか」をアウトプットする場でもあります。

これは、弊社の求人ページにも掲載されている「ユニークな取り組み」の一つです。
https://event21.co.jp/recruit.htm

 

「愛一郎ミッション」とおもてなし

こちらから学びに行く「愛一郎ミッション」も、経営者の皆様をお迎えして、従業員とともに学びの場をつくる「おもてなし」。
どちらも、社長だけでなく従業員の立場からなぜ働いているのか、どんな想いがあるのかを同じ時間をともにする経営者の皆さまへアウトプットするというのは同じです。どちらも学びになります。

愛一郎ミッションは移動時間中、社長と一対一で長時間話せます。
その時間を有効活用して、普段現場にいるだけでは共有しきれないことや「こんな事したいんですよ!」って話もできます。
もちろん社長からの「こうしたいねん!」って話も沢山ありますよ!そうして車の中で盛り上がって、テンションMAXな状態で会場に到着します。
そして、プレゼンでは自分たちが頑張ってきたことも含めて、イベント21の歩みを社長が経営者の皆さまに発信してくれるので、それを見ているだけでも感激モノです。

実はこの取組み、弊社のベンチマーク委員会が行っていることなんです!

ベンチマーク委員会のミッションとビジョンは下記のとおり!

  • ミッション:会社の外にある優れたものを見つけ、学び、社内に持ち帰り、全社員共有化を推進する
  • ビジョン:「謙虚×実践」

おもてなし参加メンバー、愛一郎ミッション参加メンバーのスケジュール調整をしてくれたり、どんな学びがあったのか丁寧にヒアリングしてくれたりと、いつも非常に助かっています!

実はこの記事を書いている僕自身も、先日滋賀同友会に参加してきました!

前回は岐阜同友会、今回は滋賀同友会。
前回とは立場も異なるため、より経営者の皆さまが抱えている課題を自分ごとのように捉えられるようになったなぁと感じました。

また、長年イベント21に勤めていると、当たり前になりすぎていて意識が薄れてしまっていたこと(例えば仕組みの大切さ)も改めて大切なのだなと実感できました。そして、もっと自分たちがやっている活動を、誇っていいんだという想いにもなりました。

非常に充実した時間になりました!

▼社長も、Twitterで愛一郎ミッションのことをシェアしてくれていました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です