商品を支えている人たちの想い

こんにちは。イベント21奈良本社クリエイティブ事業部WEBマーケティング部サブセクションチーフの川島です。

今回は、株式会社ステップの視察に行って参りました。
視察は二回目で、今回はWEBチームのOくんに同行してもらいました。

JR高槻駅で合流後、今回の目的を中野聖二郎社長と確認してすり合わせます。

ステップは商品力が凄い。
ショーケースなどをWEB掲載したことで、実際に問い合わせも増えてきてはいる。
ただ、まだ完璧にウェブ発信できているとは言い難い。

だからそこを補うための情報を収集することが今回の目的です。

何が足りないのか。
それは人の情報発信力です。

商品をレンタル品として提供すると言う事は、当然人が動くわけですが、では株式会社ステップのショーケースは、どんな人が開発しているのか。どんな人がメンテナンスしているのか?

彼らの汗なくして、レンタルサービスは成り立ちません。もちろん会場設営でも同じことが言えます。

だから今回は、どんな人がショーケースを支えてきたのかを中心にインタビュー形式で、店装部の方にお話を伺ってきました。

その間、O君はステップの方々と協力しあって商品画像を撮影してくれていました。
画像の情報は商品の良さをダイレクトに伝える力がある。だから、こちらも同時進行です。

お話を伺った結果、30年近く株式会社ステップと言う会社を支え続けてきた人生においての大先輩から貴重なお話を聞くことができました。

ただ漫然と仕様表表を見ているだけでは絶対にわからないような深い部分でのお話ができたと思います。

ガラスショーケースを使ってお客様の展示会を成功させたい。もっと多くの方の目に触れる機会を作りたい!
そのためにが、展示品たちが輝けるステージが必要だ。

ショーケース自体の安全性や耐久度、また細かなカスタマイズができるようになれば、展示会で出展するお客様により良いサービスが提供できるようになる。
だから、今も昔もこれからも、よりよくサービスをブラッシュアップしていきたい。

そんな想いが伝わってきました。

この声をもっと多くの方に届けたいと思ったので、早速インタビューページを作りました!
よろしければこちらもご覧ください。

 

こんな風に、ただ商品を載せるのではなく、その商品を支えている人のことまで想いを馳せて情報発信していくことが今のWEBチームに求められている事だなと僕は考えております。
だからこそ、これまで以上に、人による発信力を高めていきたい。

人生の先輩からのエネルギーもたくさん貰ったので、ますます精進して参ります!
最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

 

参照:株式会社ステップ店装飾部課長 下園健二 インタビュー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

イベント21にエントリーする!