ダイバシティーからインクルージョンへ

こんにちは、イベント21の川島です。

先日行われた全体会議で、働き方の多様性についてディスカッションを行いました。

プレゼンをしたのは、イベント21ダイバーシティ委員会でした。

イベント21は働き方の多様性について真剣に考えている会社です。

ここで、記事タイトルにもあるダイバーシティ・インクルージョンについて簡単にご紹介します

ダイバーシティとは

ダイバーシティーとは多様性の事。つまり同じような人種の人だけではなく様々な価値観の違いを持った人も受け入れる企業として広い採用窓口を設けています。

インクルージョンとは

直訳すると包括・包含と言う意味です。
仲間を受け入れた上で、いかに輝いてもらうか。ここが今回の会議の肝です。

今回のグループディスカッションで何を話したのか

 

まず初めにプレゼンでダイバーシティー委員会がどのような活動をしてきたのかを簡単に説明しました。
そして、イベント21がこれまで生み出してきた多様な働き方について、改めて紹介しています。
そして、このダイバーシティをインクルージョンにつなげるためには?を議論しました。

ちなみに多様な働き方と言うと…

  • イベント21にはウェブの専属スタッフがいます
  • 働くママがいます
  • 様々な国の人がいます。(これは前回の吉田の記事もご参照下さい
  • 身障者の方の雇用にも力を入れています
    もっと沢山の働き方があります。

さらに一体感を高めて個性が輝くために、これからも私達は成長していく必要があります。
同じ時間を過ごす仲間たちが、どうすればもっと輝けるのか
私たちはそのために一体何をすればいいのか。
もっと社会に貢献するためにはどうすればいいそのために会社を大きくするためにはどうすれば良いか真剣に考えます

簡単に答えの出るものとは考えていません。
だから、ディスカッションの場でも皆頭をひねって真剣に考えます。
じつは、必要なのはみんながこうして集まって一緒に意見を交わすと言うプロセスそのものだったりします。

私たちはこれからも、それぞれの個性(可能性)を大切にし続けます。

いつもありがとうございます。

 

 

最後に、私たちダイバーシティ委員会が運営するブログをご紹介します

なないろ~ダイバーシティの わ 広げよう~

https://diversity-work.net/

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です