護摩焚き用のレンタル商品や施工業者は東京、大阪、全国イベント21へ!

お客様の声 施工実績 選ばれる理由
カスタマーサービスセンター
カスタマーサービスセンター

護摩焚き用品のレンタルや会場設営までお任せください!ご要望に最適のアイテム、プランをご紹介します!

主な営業地域 >> 東京都│大阪府│名古屋│神奈川県│その他全国

密教の代表的な修法「護摩焚き(ごまだき)」供物を火中に投じ、煙で天上の神様に捧げます。

護摩焚きに使われるレンタル商品について

護摩とはサンスクリット語でホーマ(homa)といってものを焼くと言う意味になります。
当初はバラモン教の儀礼で、日本では仏教で取り入れられ、護摩堂で炉中に種々の供物を投げ入れ、火の神様が煙とともに天上に上り、天の恩恵をあずかりたいという信仰から生まれました。 護摩は仏教の密教でしたが、神道の神社の一部でも護摩は実施されています。

護摩焚き レンタル

山伏が梵天札のささった御輿を担ぎ燃えさかる炎の周囲を、御加持して歩きます。
御信徒様の厄災を除き、1年間の御家庭の安全を祈念しております。こういった護摩焚きの様子は一般の方でも見学可能です。

護摩焚き 会場の様子

修験道で野外において修される伝統的な護摩法要を、柴燈・採燈(灯)(さいとう)護摩と言います。
護摩焚きは毎年その寺院で行われている行事なので、希望者はたとえお子さんであっても、修行僧と同じく火の上を歩く修行を体験することができます。

護摩焚きとは

護摩法、護摩供ともいう。サンスクリットのホーマhomaの音写で、焚焼、祀火の意味。 本来はバラモン、ヒンドゥー教の儀礼で、供物を火中に投じ、煙にして天上の神に捧げて、祈願する祭式で、紀元前から行われる。 密教ではホーマを信仰する他宗教の人々に親近感を持たせ、より高い悟りへ導く手段として護摩に意義を認め、火は如来の真実の智恵の標示であるとして、火中に投ずる供物を人間のさまざまな煩悩になぞらえ、これを焼き浄めて悟りを得ることを目的とした。





営業地域は、北海道、沖縄を含む全国!看板・レンタル用品の配送はもちろん、弊社協力業者の全国ネットワークを通じて、会場設営も可能です!全国のイベント会場設営もお任せください!!

東京や神奈川(横浜)、千葉、埼玉をはじめ、茨城、栃木や群馬、山梨など関東方面からのお問い合わせが、大阪、京都、兵庫(神戸・三宮)、滋賀、奈良、和歌山など関西のお客様と同じぐらいございます! その他、愛知(名古屋)を中心に、岐阜、静岡、三重など東海地方や、福岡(博多)、長崎、佐賀を中心に九州全域、宮城(仙台)や福島などの東北、香川、徳島を中心に四国4県、富山・石川・福井の北陸3県、そして信越(新潟・長野)など、全国47都道府県から毎日たくさんのお問い合わせをいただいてます!! 全てのお客様に対し、誠心誠意のご対応を心がけております!本当にありがとうございます!!

配達料・送料は別途いただきますが、弊社は「商品代金 + 輸送コスト」のトータル料金で、
イベント業界お客様満足度日本一を目指しております!!

複数の商品レンタルや会場設営のご依頼など、金額により大口割引致します!
御見積もりは無料ですので、まずは試しにお問い合わせください!!


 なぜ他社より価格を安くできるのか?

中小企業である当社は、大手企業に比べてスタッフや倉庫などの規模が小さい為、月々の経費を低く抑えられます。重たい固定経費を価格に上乗せしないので、その差額を安くできるのです!送料は運送会社との提携価格でご提供させて頂いてます!会場設営や大きな商品のお届けは、全国の協力会社ネットワークが弊社にはございます!もちろん、技術やサービス力ではどこにも負けません!小回りの利くサービスを低価格で提供することで皆様に愛される企業を目指します。それに加えて、営業経費のかからないwebだからできるこの価格!