U-29というNHKの番組に、一瞬だけ出ました。奈良への想い。

1207

 

結構見てる人の多い番組だったらしく、番宣で僕が映ってるのを見て「あ!中野さんや!」と教えてくれた方が何人も居ました。

オンエアーは2秒だけでしたけどありがとうございます笑

この時の撮影のブログはこちら

 

ならゆうしの春田さんが取り上げられていました。こうやって奈良で活躍する若手がピックアップされるのは本当に嬉しいです。

奈良は近畿の中では、個性豊かな大阪や京都や神戸(兵庫)の後ろでおっとりしているイメージが強いと思いますが、最近の奈良はイケイケで面白いんですよ。

 

 

僕も同友会などで地域に関わらせていただく中で、沢山の奈良の魅力的な経営者と語り合う時間が多くなりました。

特に僕が関わらせていただいているのが、20代後半から40代前半の人達。奈良全域にわたっての経営者を中心とした地域の若手リーダー達です。

 

 

僕達が、次世代の奈良を創っていきます。いつまでもじじぃ達に汗をかかせていてはいけない。

大変ありがたいのが、僕は35歳という次世代ど真ん中層でありながら、現時点での奈良づくりにも関わらせていただいている事。

50代、60代のパワフルな経営者達に沢山教えてもらいながら共に歩み、その中で次世代との関わりを深く持つポジションに居てるという事です。

 

 

脈々と受け継がれていく想い。それをリーダーシップをもって更に進めていく主体者となる。

奈良を良くしたい。その為に奈良の経済を良くしたいし、奈良で働く人たちをもっと増やし、増やすだけではなく個性を引き出して活き活きと輝かせたい。

それが奈良の発展に繋がる。日本の発展に繋がっていく。

 

 

僕達は今、自社をより良くしたいと願う青年経営者が切磋琢磨出来る、奈良で一番の場を創ろうという志を持って頑張っています。

地域をより良くする事と、自社をより良くする事は似ている。こうした視点での動きが、自社をより良くする経営者の資質向上に大きく繋がっていくのです。

 

 

そして今の仲間達は、これから10年後、20年後も共に奈良を盛り上げていく大切な仲間達になります。

今の発展途上の時間や想いを共有しながら、僕らがじじぃになった時に、次の若手達から「じじぃ達にもう汗をかかせるな」と言ってもらえるぐらいに想いを受け継いでほしいなと願うし、今共に汗をかいている僕達の想いをあてに、仲間達みんなで旨い酒を飲みたいな~と思います。

 

 

きっと今の日本、今の地域を創ってきた先輩達も、そうやって頑張ってきたんじゃないかなぁと思う。

そして僕達もそうでありたい。

 

 

使命や、役割や、責任って凄いですよね。

今までみんなが自分の事しか考えてなかったり、自分の為だけにしか行動してなかったら、今の地域や国って絶対に無いんです。

必ず誰かが、未来を想い、リーダーシップをもって行動してきた。

だから今が当たり前にある。

 

 

そんな大切な事に気付かせてもらえた自分の環境に感謝です。

気付く事が出来たら、感謝出来る。すると自分の動き方、関わり方が変わっていく。

 

 

僕達もそうでありたい。

いつもありがとうございます。