イベント21は売上60%減でも21ヵ月間(1年9ヶ月)全社員に給料を支払い続けられる最強の財務体質!

 

3月20日に開催された、株式会社イベント21第6回経営方針発表会in帝国ホテル大阪は大成功でした!!!皆さん本当にありがとうございました^^

いやー、ついてる。

3月10日に政府から発表のあった10日間の自粛延長期間終了後、オリンピック開催延期の報道が出る前、というちょうど空白の3日間に、一年前から予定していた経営方針発表会と新卒研修合宿を開催出来た。

コロンブスの卵じゃないけど未来の話は誰にも分からない当時、閣議決定が後数日早かったらさすがに開催出来ないところやった。今やったら怒られる。

 

おかげで、

アワードではこの一年間一生懸命頑張ってきた大切な社員達を称えてあげる事が出来たし(みんなめっちゃ泣いてくれたな)、

卒業式も中止になって人生の節目を失っていた大切な20年度新卒達19名にしっかりと入社式を開催してあげられて、社会人のスタートを祝ってあげる事が出来た(みんなめっちゃ喜んでくれた)

65名の来賓の皆様には、沢山の元気や学び気付きを分かち合う事が出来て、この世界的混乱の中でも僕達みんなで地域をより良くしていこうと一致団結出来る場になった。本当にありがとうございました。

 

大懇親会も新卒研修合宿も楽しかったし感動だらけで、

イベント21全社員がこれからの一年間、全員で一致団結して、世の為人の為自分の為にyou happy, we happy!を実現していく為の原動力となる、かけがえのない大切な日を共有出来ました。

 

開催出来て本当に良かったなー^^

僕達の仕事「イベント」って本当にみんなを元気に出来るなって、未来に希望を与えられるなって、みんなでそれを共有出来る喜びを、改めて感じる事が出来ました。

これで僕達はまた一年間、世の中をより良くする事に全力で走り続ける事が出来る。

 

コミュニケーションこそがhappy!やみんなの未来の安全を創っていく最大のパワーを生み出す。

 

それが遮断されてしまっている今、世界は不安と不満と怒りで満ち溢れている。

この混乱が収束した後の世界で、僕達イベント屋の社会的使命は大きい。家から出てみんなが思いっきり交流出来る場創りを、僕達が沢山お手伝いする事で、世界はもっと平和になれるから。

それまでみんなで頑張りましょう!

こんな状況ですが、僕はいつも通り経営に真摯に向き合うだけです。僕の経営姿勢は何も変わらない。

何かみんな今回初めて大変な危機が来たように言うけど、僕は26歳の時に潰れかけの会社を創業者の父が急逝してから事業承継という、今よりも最悪で最大の危機に自ら突っ込み、完全勝利で乗り切ってきている。

僕にとっては現代のコロナによる経済危機よりも、あの当時の何も持ってなかったイベント21を立て直すことの方が、今よりも全く人、物、カネ、情報、強み、経験無しの圧倒的危機的状況やったわ。

あれに比べたらコロナなんかマジで大したことない。恐るに足りん。

その前は世界中を陸路で周ってきた旅人やってたし。かなりディープなとこまで好奇心と行動力で行き倒すには、リスクヘッジが必須で、それしっかりやらないと死ぬから。

ギリギリの中、毎日戦略的にヘッジかけてやりたい事を全部やってきたんです。

つまり、僕にとって経営する上でリスクヘッジは当たり前。今更何が起きてもビクともしない強くて良い企業をずっと創り上げてきたわけで。

イベント21の企業としての強さが、こういったイレギュラーな状況になると尚更鮮やかに際立つ。

 

イベント21の財務体質は、売上60%減が続いても21か月(1年9ヶ月)も全社員に給料を支払い続けられる盤石の財務体質を築いている。

つまり僕達は絶対に潰れないし、一人残らず雇用を守れるという事。この21か月という期間は、最長40か月まで引き延ばす事すら出来る。それまでに確実にコロナ収束するよねって話。

 

イベント21の社員達は、全員がこの世界的人類の危機に立ち向かうことに、ポジティブに捉えてワクワクしている。改めてイベント21社員達の凄さに感動する。

今みんなでピンチをチャンスに変えて今期も過去最高の業績を達成する為に動きまくっている。

圧倒的な普遍性を持つビジネスモデルと企業文化を確立させてきたイベント21は、コロナごとき笑い飛ばして蹴散らしていける強さを既に持っているんです。

その上で、