日付アーカイブ: Sunday February 14th, 2016


みんなのミライ作戦会議でパネリスト。

土曜日は、みんなのミライ作戦会議でパネリストさせていただきました。

 

12402102_736549556447244_1396692965679495785_o

12493847_736549586447241_3931163379507141212_o
この取り組みは新しい挑戦で面白かったです!

奈良の仲間達と、今回はせっかくやしめっちゃ自由にやってみよう!って言って開催したんですが、

コンセプトやコンテンツやリーチ手段や表現方法を変えたら、ゲストが25名も来て、普段と全く違う新しい人達と共に、奈良を元気にする時間を共有する事が出来たのです。沢山来てくれて会場がパンパンでしたからね。

尽力いただいたみんな、本当にありがとうございました。僕らの可能性がまた拡がりましたね。

12698360_665570870213238_6295131835930157561_o

12710855_665571216879870_4886202718906534954_o

12698646_665571223546536_816495472953170086_o

10632647_881286515325629_8131196687565415629_n

 

様々な方がご参加くださったのですが、17歳の息子さん(将来起業を考えています)と一緒に参加されたお母様からメールいただきました。

「息子も社長さんのイメージが明確に、身近になったようで、とっても勉強になったと喜んでいました♪ お誘いいただきホントにありがとうございました♪

中小企業でもない立場で、厚かましいかもしれませんが(^_^)a

息子も「いろんな社長さんともっと話がしたかった」と言ってますので、また機会がありましたら是非ご連絡くださいm(_ _)m」

 

こういうのめっちゃ嬉しいです。

地域の為に何か出来ないかって、忙しいのに自分の時間と体力を使って頑張っている仲間達が沢山居ます。日本も捨てたもんじゃないんですよ。そのみんなが報われる事が嬉しいです。

この喜びを仲間達でシェア出来るのが幸せです。ありがとうございます。

 

奈良同友会青年部は5月に120名の組織になりますが、その中で自社を良くしている選りすぐりの4人が満を持して登壇した今回の第一回ミライ会議。

会場と共にがちんこのパネルディスカッション、楽しかったです。

 

今回で、ある程度の型を創造しました。0から1を創るのが一番面白い。

そしてこれで次回からは深める動きに移れます。もっと精度を高められます。1から100を創るのが一番値打ちがある。だから楽しみです。

 

しかし、先週土曜日から中々てんやわんやなスケジュールです。

たった一週間で、大阪経済法科大学で学生達にむけて講演して、大分で講演して、愛媛行って産官学連携して、愛知で想い発信して、奈良でパネリスト。しかもこの日はこの後みんなでバスで京都行って更なる学びしてますからね。

来週も、色々あります。まーまー本気です。リーダー合宿もあるし、ゴールドマンサックスで六本木行かなあかん。

 

でもこうやって毎日本気で必死で生きてると、気が付けばある時、物凄く前に進んでる事を実感出来るんですよね。

20代はがむしゃらになって拡げる時期、30代はがむしゃらになって深める時期。そしてマックスまで拡げ深めた状態で、僕が勝負するのは40代ですよ。

だからまだまだ序章です。後5年、どれだけ出来るか。

それが40代以降の角度になってくる。30代で上げられない人が、40代なっていきなり上に角度を上げられるはずがない、という言葉は広島の先輩からの言葉。

 

ウダウダ言わんと今を一生懸命に生きる。それが一番大事だと思っています。

いつもありがとうございます。


大分から船で愛媛へ。そして愛知へ。愛媛で産官学連携の学びと、愛知での発信。

大分が無事終わり、社員は新幹線で奈良へ帰らせたんですが、僕はそのまま船に乗って四国に渡り、愛媛の地へ向かいました。

この日から一泊二日で、奈良同友会代表理事や事務局長含めた本隊が、滋賀と合同で伊丹空港発で愛媛に学びに向かっていて、理事である僕も大分から船で合流。

そしてその愛媛が終わってから、飛行機で関西戻ってきて、翌日は愛知県へ。高みを目指す経営者にとって、ひと息ついてる暇はありません。

 

しかし、船なんか久しぶりに乗りましたよ。いいですね~。

一人旅気分を満喫ですよ。昔は船で北海道行ったり沖縄行ったりしたな~と思いながら。

せっかく大分に来ていたのに時間が無くて別府温泉に入れなかったのが残念だったのですが、愛媛での宿は道後温泉だったので夜は温泉入れて良かったです。中々贅沢です。

 

愛知では、全国各地の青年経営者と再会。みんなすげーなー。

僕もマイクを持たせてもらう機会をいただいたので、愛知の仲間達に向けて、せっかくなので何か一つでもより良くなったら良いなと思って想いを発信させてもらいました。調子に乗って喋りすぎて時間無くなりましたすみません(;^ω^)

 

フェイスブックで、こんな書き込みを発見しました。面白かったので紹介します笑

「お久しぶりです。こちら愛知の合同例会なのですが只今壇上で中野さんっぽい方が喋っておられます。昨日そちらにおられたと知って、中野さんのフットワークの桁の違いにショック受けてます」
222

 

>「おひさしぶりです!間違いなく中野さんですね(^○^)あの人は全国で火をつけて回ってますね(≧∇≦)」

 

全部皆さんのおかげです。今回は愛知の仲間からお声がけいただいたので気合で行きました。Dスタイルですからね~。ありがとうございます^^

 

本当に、どこにでも面白い人が居ますね。

今回の愛媛では産官学連携での取り組み。奈良や愛媛の行政の職員さん、立命館大学や愛媛大学の教授、商工会会長、愛媛・滋賀・奈良の経営者など、多彩な顔ぶれで学びを共にしました。

産官学連携を実践されている会社訪問に行ったり、愛媛大学のミュージアムを見学させてもらったりする中で、僕の中での一番の学びは、「連帯」の視点が深まった事です。

 

主体的に、繋がる事、関わる事、巻き込む事。その範囲が、更に広まっていくのを感じました。

そう考えると、可能性は無限大だなと思います。その為には、もっと知る必要があるし、関わっていく必要があるなと思いました。

 

枠に囚われないように日々思考して、行動していても、気が付けばもっと大きな枠の中で囚われてしまっている事ってあると思うんです。

世の中をより良くする為には、常に新しいポジティブな影響をこの世界に与える必要がある中で、僕がすべき事は、全ての枠を外す事なんですよ。

 

どれだけリミッターカット出来るか。これって凄く難しい。どうしても一定のラインで深めにかかろうとすると枠を設定してしまう。

じゃああくまでその範囲内での最良しか結論を出せない。後もう一歩外の枠に踏み出せていれば、更に広い視野から相対的に絞った精度で、もっと違った最良の答えが見つかったかもしれないのに。

 

判断するにあたり、自分の中での選択肢を増やし続ける努力。これが凄く重要だと思っています。

その為には、新しい人に出会い語り合うこと、クレクレではなく汗をかいて関わるからこそ、その人と深く語り合える。本当の情報を知れる。

関わる人が増えれば増えるほど、新しい繋がりや世界が広がっていく。新しい世界へのドアが増える。

 

そして自分の興味の無い話や、苦手な事、視野に入ってなかった話であっても、勧められたからにはとりあえずやってみる事。挑戦する事。

自分が今まで到達していなかった場所だからこそ、新しい景色が見える。

 

人は、常に判断し、決断して人生を歩んでいく生き物だからこそ、自分の判断の精度を高める事が、より豊かな人生を歩む事に繋がる。

判断の精度を高めるには、選択肢を沢山持つ事が必要だと思います。

 

これからも、自分の中にある、未だ自分自身でさえ気付いていない大きな枠を一つ一つ取っ払っていく事で、自分の殻を破りつづけていきたいと思います。

いつもありがとうございます。


大分県で100名の経営者の前で話をしてきました。

「大分県を盛り上げたいんです!大分の仲間に、県外、全国に興味持ってもらいたい。だから中野さんの話を聞かせたいんです!」

 

そう熱い想いを持って奈良まで来ていただいた大分の経営者二名の志に応えるべく、奈良の仲間達、そして和歌山の仲間、つまり近畿連合の元気な仲間達と共に、大分まで行ってきました。

そして大分には、既に全国に出てきている福岡や熊本など九州の仲間達も駆けつけてくれまして、未だかつて無いぐらいの全国経営者のパワーが大分に集結して、大分の熱い仲間達と混ざり合う時間になりました。

 

1934536_930604810387599_8199664350600101503_n

12670046_736610936440830_2081016812330286807_n

12705282_736610926440831_2681975396271884692_n

 

みんな大好きですからね、地域を良くしたいという、熱い想いを知ったらどこへでも行く。距離関係なく自分が動いて応えたくなる仲間ばかりなんですよ。

そんな利他の実践が出来る経営者だからこそ、結果的に自社も良くしていけるってみんなが知ってる。

大分に関わってくださった皆さん、本当にありがとうございました。最高でしたね。

 

今までで一番遠い場所でのイベント21経営報告。

嬉しい事に、大分で同業の経営者さんにも出会いました。前からウチの会社をベンチマークして下さっていたみたいで、今回大分に来るってことを知って来てくれました。

出会えるのが嬉しいです。イベント21は業界の中でもかなり好き勝手やってる異端児ですから、同じ想いを持つ仲間達と新しい時代を創っていきたいし、全国に居るまだ見ぬ仲間に出会えるのが本当に嬉しい。

 

遠征で必ずやる文化の一つになった「愛一郎ミッション」

ウチの社員も一人連れていきました。

 

今まで、香川、石川、鳥取、広島、香川二回目、福岡、大阪にそれぞれ違う社員を連れていってます。今回の大分で、8人目の社員になります。すげー。

社員が、長い移動中も経営者達と共に過ごし、僕の講演で想いを聞き、例会で経営者達とディスカッションして共に学び、懇親会でどんな仲間達と語り合っているのかを共に体感する。

これって凄く、社員にとって視野が拡がる経験や刺激になると思うんですよね。僕の中でこれはスペシャルな社員共育なんです。

 

めっちゃ良かったんですが、この日は大分の洗礼を受けまして。

飲まされまくった結果、最後のラーメン屋を僕が全く覚えておらず、部屋まで社員に連れていってもらうという失態を見せてしまいました。

九州男児恐るべし。。いやそのおもてなしは本当に楽しかったし、めっちゃ嬉しかったんですけどね!

 

福岡の時は屋台でみんなでラーメン食べた後は、社員と二人でしっぽりバーで飲めたので、今回もそれしようと思ってたのに(ノД`)・゜・。

記憶の無いラーメン屋では、後で聞いたところ「眠い!」を連発してたみたいで、先に社員とタクシーで帰らせてくれたようです。

 

結構僕は深夜の最後の語り合いも本音の学びがあるし好きなので、せっかくの時間だったのですが、皆さんすみませんでした。

まー色々パターンがあって面白いですよね笑 全部ひっくるめてありがとうございました。

 

全国色んな場所で色んな仲間と交流して、学びあい、自社に持ち帰り、実践する。

このサイクルの幅が、広ければ広いほど、より多様でダイナミックな学びや気付きがあります。

これからも自分の居る地域を盛り上げていくのと両輪で、外にも積極的に関わっていきたいと思います。

それが結局は自分の居る地域に還元出来るのです。地域に県境無し。世界は全て同じ、自分の地域なんですから。そう捉え、行動し続けます。

いつもありがとうございます。


大阪経済法科大学フォーラムで講演とパネリスト。

先週土曜日は、大阪経済法科大学が実施するフォーラムで講演とパネリストを務めてきました。

「男女で共に考える新しい働き方と生き方」市民公開フォーラム

家庭・職場におけるワークライフバランス支援を考える

チラシ2月6日

 

学生達が主体で創り上げていて、見ていて気持ちよかったです。

先週の大阪情報コンピューター専門学校に続き、学生達に関わる大人としての立ち位置。

彼らにとって社会人になって働くというのは未知の世界ですからね。

 

人によって必要な働き方は違うということ。なぜなら自分がどんな人生を歩みたいか、どうありたいかが大事だからです。

人生の目的によって、人による最適なワークライフバランスも違うんだよってことを話してきました。

学生から、「イベント21のような会社で働きたくなりました!今日はお話し聞けて良かったです!」って言ってもらえて、嬉しかったです。

 

CIMG3280

CIMG3297

 

こういった関わりが増えていくなかで色々と僕が気付いていく訳ですが、働くということについて、語れる大人って少ないんだなと感じました。

僕の周りには沢山いるんですけどね。熱く楽しくやりがいを持って働いている人、僕の周りには沢山いる。

でも社会で見たら圧倒的に数が少ない。数が少ないから、発信力も小さくなる。

だから沢山居る子供達に「働く事の本当の面白さ」が隅々まで届きにくいんですね。

 

僕は、人生の大部分の時間を使う「働く」という事に対して、これから挑戦する事になる次世代や、今働いている若手社会人に、もっと希望を持ってもらいたいんです。

最初っから働く事にネガティブなイメージを持って働くのと、希望を持って働くのとでは、働く事=人生の大部分の時間を活かせる確率も変わってくると僕は思っている。

 

もちろん期待値が高ければその分ダメージを受ける事もある。環境によってはどうしようも無い場合もあるでしょう。その為に他の選択肢を持っておく事も大事です。

ただ、希望があれば踏ん張れる事もある。諦めなければ良くなる確率は上がっていく。

人生における働く時間をより良くする努力ってめっちゃ大事なんですよね。基本的に人は全員働く必要があるのだから。

 

このへんを伝えるバランス感覚って、凄く難しいなと思う。人によって耐性も違うしね。

まー世の中、圧倒的に働く事についてネガティブな意見が多いように感じるから、僕はポジティブな本質を語れる大人の立ち位置で居続けたいなと思います。

そして僕と同じように、そんな大切な話を次世代に自分の言葉で語る事の出来る人を、イベント21社員から増やしていきたい。

 

だからもっともっと良い会社にしたい。

社員が「働く事」に対して希望を体感出来る機会と場を増やしたい。

 

働く事とは、自分の損得だけでなく、自分の周り(社会)をhappy!にする事で自分もめっちゃhappy!になる事。

シンプルに誰かのお役に立つ、誰かに必要とされる、誰かに頼られる、誰かにありがとうを貰える。

誰かをhappy!に出来ることって、本来最高に素晴らしいし、そんな存在に自分がなる事って、物凄くカッコ良いのだから。

 

そんな素敵な責任を持った大人が増えれば、世界はもっとポジティブに変わっていけると思う。

 

みんなが自分の趣味とか、自分のプライベートとか、とにかく自分の為だけに生きていたら、弱い者は淘汰されてしまう。

力は無くても素敵な人は沢山いるのに、良い悪いではなく、強い弱いでしか判断されない世界を誰が望むのか。

力を持った人しか生き残れない社会なんて、本当にくだらない。全ての人が輝ける社会を創りたいし、次世代に残してあげたいなって思う。

 

結局、自分も、他人も、どっちも大事なんですよ。

次世代の後輩達の人生のど真ん中の時間を豊かにする為に関わる事、社会をより良くする為に関わる事。

 

これは経営者も社員も関係なく、先輩社会人としての責任だって気付いてほしいし、実はそれがめっちゃ面白いコトだって気付いてほしい。

何より最初から諦めるのではなく自分で自分の環境を面白くしていける強さ、そして自分だけでなく自分を含む周りまでhappy!にしていける優しさを持ってほしいと願うのです。

それが一番最高だから。

 

僕も頑張ります。

いつもありがとうございます。