日付アーカイブ: Thursday September 3rd, 2015


9月度イベント21全体会議「みんなの成長のきっかけを学び合う」

火曜日は9月度イベント21全体会議でした。

毎月会議の初めに必ず行うフィロソフィー、今月のテーマは「自分自身で考え、自分自身の足で歩むこと」

このテーマを選んだリーダーからは、

「なぜこのテーマをみんなと一緒に学びたいと思ったかと言えば、仕事に限らず、仕事でも人生でも自分で考えることが必要で、この考え方を持っているとみんなが豊かな人生を歩めるから」

という理由でした。さすが、素晴らしすぎる。みんなで意見を出し合い、学びを深めました。

 

 

そして今月の会議コンテンツは、「みんなの成長したきっかけを学び合う」です。

「成長したきっかけ・なぜ成長したきっかけと感じるか・自分の考えはどう変わりましたか?」をテーマに、一人ひとりがみんなの前で3分間スピーチしました。

 

 

なぜこのコンテンツになったかというと、みんなに成長ポイントを増やして欲しいからです。

今壁にぶち当たってる人も、ある程度余裕が出てきて今の自分には壁が分からない、という見えない壁に道を阻まれている人も居るかもしれない。

先輩や仲間や後輩の壁を乗り越えた話を聞く事で、自分の壁を乗り越えるヒントになればいい。今自分の持っている壁や、壁の乗り越え方以外に、他の壁や、壁の乗り越え方を知る事で、成長出来る機会が増えます。

視点を変える、増やす。それが成長ポイント。成長ポイントが多ければ多いほど、もっと早く成長出来るのです。

 

 

以下、参加した社員の成長ポイントです。

・新人の時は常にあった先輩のチェックがなくなっていく段階。今までやったこと(過去の実績)が自分の中で小さくなった。

・役職によって。仕事への考え方がかわった。今→中⻑期・伝え方がかわった。

・負けたくないという気持ち。今まで答えられなかったことが答えられるようになったとき。自分で考えて動けるようになった。

・一人で出来たとき。1年半かかった。自分の考えが不安→なんとかなるという気持ちに。

・リーダーになったとき。自分で考えて行動するようになった。結果として出来たときに、なんで出来たか考えるきっかけになった。考えが変わったではなく、取り組み方がかわった(目標をたてて動けるようになった)

・自分が知らなかったことを後輩に教えていること。成⻑を感じる。

・お客様の質問に答え、商品知識がついてきたと感じるとき。

・一人で現場にいけるようになったとき。一人で行かせてもらえるよになったとき。何が必要かなど考えることが増えた。

・大阪なら地図なしで行けるようになった。出る回数が多いから、外に出ていても早めに倉庫に戻るようになった。

・どの先輩の真似をするかを意識したこと(丁寧にする先輩を意識したこと)

・花見面談・自分のリーダーの存在。会社・仕事への見方がかわった。まわりを見て動きもかわった。その気持を持ち続けたい。花見面談で、求められることがわかった。まわりを見て動くリーダーの存在も大きかった。

・責任のある立場、挑戦すべき立場。自分の嫌なことを乗り越えるたびに、成⻑した。責任感がついた。後輩ができた。先輩が常にいる状況ではなくなった。

・○○(自身の担当した現場名)。成功したことも成⻑のきっかけにはなるが、失敗も成⻑のきっかけになった。失敗しないためにどう準備するか、失敗してえるものも多いと感じた。

・○○(商品)半年間のレンタル。商品に対して無知なので失敗したこと。失敗の繰り返しで考えながらやることを覚えた。得たものも大きかった。

・前職辞めてから再就職が中々出来なかった挫折。その後イベント21に出会い、仕事に対する喜び、仕事に対するスタンスがかわった。

・土曜日に入った時に、「この仕事やります」と自分から声を上げて出来るようになったこと。

・自分が好きなことを仕事にできたこと。社⻑にお客様目線・後輩に教えることを教えてもらった。仕事=楽しい(しんどいだけのものではない)ということを感じるようになった。

 

 

みんな素晴らしい!!そんなイベント21全体会議でした^ ^

 

 

■9月度イベント21全体会議

・フィロソフィー(30分)「自分自身で考え、自分自身の足で歩むこと」

・社長ビジョン(5分)

・前回のリーダー会での決定事項報告(10分)

・8月度会議コンテンツ「みんなの成長のきっかけを学び合う」(65分)

・単月MVP(40分)

FullSizeRender (4)

FullSizeRender (5)