とりあえず人気記事を見る!



イベント21第1回公開MBA!in奈良

1月29日は、イベント21初の試み!イベント21第1回公開MBAを奈良公園の中で開催しました!

社外からも何と関西圏を中心に全国からも21社が参加してくださいまして、企業経営者も社員さんも教育関係者もごちゃ混ぜ70名で学び合いました!

いやー刺激的でした。めちゃめちゃ楽しかった!!!皆さんありがとうございました。

イベント21社内MBAという社内勉強会を今年から初めてまして、エデュケーション委員会の担当事業です。毎月一回開催で、この日に至るまで第9回まで進んでいました。

年間通してのテーマ設定は下記。

05月)第1回「イベント21歴史、理念、志」
06月)第2回「求める人物像、人事評価制度、リーダーとしての姿勢、企業文化」
07月)第3回「グループ長研修(リーダーシップとフォロワーシップ)」
08月)第4回「地域、概念整理、世の為人の為、本気本音」
09月)第5回「web、経理、財務、労務」
10月)第6回「イベント21の仕組みと環境」
11月)第7回「経営指針(夢を叶える報告書)」
12月)第8回「組織創り」
12月)第9回「WG-SPECIAL」
01月)第10回「オープンMBA(ベンチマーク)」今ここ!
02月)第11回「マネジメント(目標達成)」
03月)第12回「PDCA」

その中で、本日無事開催。場所は奈良公園の中!!すげー!

中に入ったらこんな感じ。

イベント21が思いっきり公会堂をジャックしております。

そして会場では、開場までみんなで準備。今日は来ていただく全てのゲストに、そしてイベント21社員達に学びを持って帰ってもらうべく、委員会メンバーを中心に今日まで準備を凄く頑張ってくれました。

17新卒入社2年目の、エデュケーション委員長Sさん。

開会の挨拶の練習。噛みまくっております。70名の社外の方達も来る中での挨拶ですからね。

「本番は紙持って読まないように!素直に自分の想いを伝えたらええから!」と言ったら、更にテンパっております。

そして、朝礼。「みんな、ついにこの日が来たなー!!」

いつもの社内MBAのように、東京支店、神奈川支店、横浜日吉支店の関東メンバーとも共に学び合います。スカイプで同時中継。

そして開場し、みんながワイワイ入ってきました。色んな会社が来てくれてますので、はじめましての方同士も多く交流してくださっています。イベント21繋がりでご縁が生まれるのは嬉しいですね!

皆さんが着席し、開会!

委員長、70名の前で頑張っております!

「皆様こんにちは!ただいまより株式会社イベント21第1回公開MBAを開催させていただきます。

はじめにエデュケーション委員会委員長の私Sより開会の挨拶をさせていただきます。

あのーついにこの日が来たかと、凄いそわそわしているんですけども、

私の所属するエデュケーション委員会というのは、

イベント21の未来を担っていく優秀な経営幹部を育成し、社員教育を通じて学び合える文化を創り、全社員共有化を推進するというミッションをもとに今期設立された委員会になります。

主に成長出来る図書館と、社内MBAを活動しております。

 

社内MBAは2018年4月からスタートして今回で10回目になるんですけど、

今までに人事評価であったり、グループ長研修であったり、社内の仕組みと環境創りや組織創り等のテーマをもとに、9回学んできました。

遂に10回目となり、社内だけではなく社外の皆様もお招きして公開MBAを行う事になりました。

まぁ正直どうなるかなと不安いっぱいなんですけども、

せっかく学びの場としてお越しくださった皆様と共に、お互いが深く学び合える場創りとして精一杯やらせてもらいますので、本日は宜しくお願い致します」

おおー紙を見ずにやりきったな!!!さすがやぞ!!!

そして講義が始まります。今回の公開MBAのコンセプトは、「理念」と「志」を、社内外の経営者や社員と共に深める!~イベント21社内MBAを体験する~

みんなで学び合いました。めちゃめちゃ良い時間。

70分間の講義。各社の社員さんや経営者とやりとりしながら、大切な学びをします。普段からイベント21でやってるのと同じように、ど真ん中の学びを。

講義が終わり、ディスカッション。グループ長はイベント21社員が全10テーブルを担います。他社とのディスカッションは凄く刺激的で、学びや気付きになったと思います。

関東メンバーも同じようにやってます。

今日、この場に来たみんなは、同友会やコア・バリュー経営協会など僕が普段から共に学んでいる仲間達や、その会社の社員さんが中心で、他にも一般からも応募していただいてます。

総じて学ぶ意欲の高い人達なわけで、当たり前ですが盛り上がっております!

<社外参加者アンケートから>

ほんま参加して良かった、、

社員と共に学び続ける事の意味や意義を感じることができた研修でした。社員と共に学ぶ事が、社員と共に経営をする為の必要な事だと痛感。

今までは僕が学び、社員に言うてるだけやった。。「みんなで会社を良くしよ!共に経営しよ!」といいながら学んでたのは僕だけだった。

これを感じる事ができたのは、講義の内容からだけでは無いです。共に学んだイベント21の社員さん達との関わりでめちゃくちゃそれを感じました^ ^

こんなけ経営者と共に学んでる社員さんはほんま経営に対する意識が高い。グループディスカッション、懇親会で話しながらもヒシヒシと感じることができた。

ほんまにイベント21すげぇ!!って思った研修でした。

<社外参加者アンケートから>

今、自分がやるべき事や考える事が明確になりました。

そして、沢山の方のご意見を聞く中で、多くの気づきを頂くことが出来ました。

素敵な時間をありがとうございました。

<社外参加者アンケートから>

自社の理念がまだまだ自分自身に落とし込めていないので、再度すぐ見直してきちんと心に決めて行動を起こそうと意識づけしてくださった貴重な経験になりました。

ここまで、自分のやっている事業や生き方について改めて考える機会を与えてくださったことに感謝です。

各企業の社員の方々の意識の高さにも圧巻でした。

このディスカッションの時間は、僕や委員長はフリーな時間になりますので、とりあえず良い感じにスタートしましたのでちょっと会場をうろうろ、コーヒータイム。

委員会メンバーのWさんは受付担当してて、その後は懇親会会場の準備を行ってくれてますので、この皆が学んでいる時間に顔出しにいきます。

「ええ感じやん!会場も今みんなディスカッションしてるよ」

そして白熱している会場に戻ります。

<社外参加者アンケートから>

素晴らしい面々の中でグループディスカッションを何度も出来、とても有意義な時間を過ごせました。懇親会でも楽しく学べたこと、嬉しく思います。

次回があれば、是非参加したいです!

<社外参加者アンケートから>

普段なんとなく使っている言葉の意味、本質を考えることが出来ました。

また、学ぶということは考えること、それを周りに発信したり共有したりすることが大切だと感じました。

これまでにない部分を使って物事を考えられた時間でした。

貴重な機会に参加させていただき、誠にありがとうございました。

<社外参加者アンケートから>

理念や歴史がどれだけ大事な物なのかや、日々の中でどれだけ学び・気づきを得るかの大切さ、またその大切さをどれだけ社内の隅々まで浸透出来るかを伝えたいと思います。

何度も何度も、アウトプットする場面があり、質疑応答の後にフィードバックがあり、やりとりをします。

手を挙げる文化!

<社外参加者アンケートから>

会社を根底から覆し、三方良しを必ず達成します。 その為に、社内の働いている全ての人達の、業務に対する不満をやりがいに変えていくよう努めます。

<社外参加者アンケートから>

まずは共に学びあう中で使う言葉の共通の認識を持つということを始めにされたのはとても勉強になった。

何をするにしてもまず言葉の共通の認識取るようにしてからにしようと思えた。

実践についてはどんどん社員と学びを作る。これに尽きます!

<社外参加者アンケートから>

社員がいる会社は必ず参加したほうがいい!特に新入社員さんがいるところ。

学び続けなければいけない。その為に外に出て、学び、気付きをまた内に持って帰る。みんなで学べた事が本当に嬉しい。

2時間半の、いくつかのディスカッションやグループ発表、感想発表の後。イベント21社員からの代表総括として、CC井藤さん。

「もし社長がこの場に立っていたらきっとこう言うと思います。『皆さんー!楽しかったですかー!?』って笑」

「私も歴史、理念、志を社内で学んだ時、ディスカッションであなたは何のために生きてるんですか?って聞かれて、

こんなことまで考えるんだ、私は会社で働きながら何の為に生きてるのかってそんな事を考える機会に出くわすなんで思いもしなかったって衝撃を受けた記憶があります。

そこから毎回MBAに参加させていただいております。」

「経営学は、会社が永続的に発展していく為の力をつける事も一つですし、人間は会社を経営しなくたってどこかで経営を経験する場所がある。それは家庭かもしれないし、自分の人生を経営していく。

誰しもが経営を経験するのだから、経営学を学んでおく事は自分の人生を豊かにしていく事。

そういう情報や、今日のご縁というのは、グーグルで検索しても簡単に出てこないし、得られない」

「皆さん今日はそれぞれの学びを沢山得て頂いたと思いますので、それを伝えていくとか、実践していく事が大事だと思います。

私も口だけじゃなくて明日から実践していきますので、今度再会した時に、こんなに会社良くなったよ、面白いことやってるねって話をしたいと思っております。」

「これからの懇親会でも、色んなご縁を大切にして色々な方とお話が出来る時間にしたいと思います。皆さんいっぱい頭を使ってお腹も空いてるところだと思いますので、懇親会も楽しんでいただきたいと思います!」

そして、懇親会会場へ移動!

乾杯の挨拶。

「乾杯ー!!!」

<社外参加者アンケートから>

新卒や、昨年卒の方々が、キラキラとお話しされる姿にパワーを頂きました。

普段交流出来ない方々と、

お会い出来、自身を、自社を、見つめ直すことができました。

<社外参加者アンケートから>

ラフな雰囲気で多くの方とお話させていただくことが出来ました。非常に学びの多い時間でした。

<社外参加者アンケートから>

すごく和やかな雰囲気の中で、さらに距離の近い話を多くさせていただきました。

同じ2018年度新卒の方と話の共有が出来たことも良かったです。今回そういった場を設けてもらえるとはまったく考えていなかったので、良い意味で驚かされました。

<社外参加者アンケートから>

昼のメンバーとの交流を中心に、新たな方とも交流できてよかった。仕事につながる人もいたと思います

<社外参加者アンケートから>

他会社の方のお話を、フラットな場で聞くことが出来、良かったです。

<社外参加者アンケートから>

「懇親会までグループ討論をするのはさすがだと思ったが、さらにさすがと思ったのは懇親会中のグループ発表時などみんながちゃんとその人の話を聞く姿勢になってたこと。

同友会では懇親会中はお酒もはいってるので誰かが話しててもわちゃわちゃうるさい人が多い。汗

んで中野社長が「ちゃんと聞きましょう!」って言う。のがいつものパターン。さすがそれを言う中野社長の会社やなと思って感心してました!」

懇親会締めの挨拶を、フジエダ珈琲の藤枝社長から。ありがとうございます!

S委員長、エデュケーション委員会メンバー、みんな、お疲れ様。ほんまよくやったな!!!素晴らしかったぞ^^

最後は集合写真!!!皆さん、ありがとうございましたー!!!皆さんのおかげで、第一回となる挑戦、大成功でした!!!

次回は、6月6日に東京で第二回を開催します!!!

特に関東圏の皆様、一緒に学び合いましょう!またアナウンスしますね^^

 

<社外参加者アンケートから>

・自身のモチベーションが、下がりそうな時、きっと来ると思います。そんな時も、また、持ち上げたいので、次回もあれば、必ず参加したいです。公開MBA第2回目を楽しみにしています。

・第2回目も是非誘ってください。より多くの社員で参加します!

・素晴らしい場をご用意いただきありがとうございました。

・エデュケーション委員会の皆さま、準備から当日の進行まで本当にお疲れ様でした!

 

<イベント21社員アンケートから、『MBA良かったこと』>

・新たな刺激を得られる場を、イベント21として作り上げることができた!来てくれたお客様の中に「今まで色々なセミナーに行ったけど、1番楽しかった!」と言ってくれた人もいました!

・外部の方を交えてのグループ討論で、普段とはまた違う角度の話を聞けた事で、社員も外部の方も本当に楽しそうでした!

・愛一郎ミッション的な雰囲気で外部からの学びが非常に大きかった

・外部の刺激をもらうことができたこと。来てくださった人が感動していたこと。



Event21 First Ever Yokohama Winter Gate! 01 “Uptill the Opening”

Here we go! It’s time!!

…to start writing about the first annual Yokohama Winter Gate. (lol)

It was amazing. A total success.

Event21 First Ever Yokohama Winter Gate! 01 “Up-till the Opening”←We are here!

Event21 First Ever Winter Gate! 02 “Opening, CEO・Manager・Team 3rd Quarter Announcement.

 

Recently there have been many blogs written from all different points about the event by my employees that it isn’t necessary to be announced in my blog. I’m very proud of that.

 

★CC Blog, Ito-san’s Article (Japanese Only)

横浜ウィンターゲート その① 移動~準備~開演まで

★CC Blog, Misaka-san’s Article (Japanese Only)

第一回横浜Winter Gate開催!~初めてづくし~

★Human Resource Blog, article from all the executives.

https://event21.co.jp/recruit/?s=%E6%A8%AA%E6%B5%9C

 

Well with that, I will post with a lot of pictures as usual! Through pictures you are able to understand the companies atmosphere best!!

 

WG (Winter Gate) is one of Event21’s larger internal events, this one taking place in Yokohama.

In March, there is the Management Policy Announcement. The concept is “vision”.

In July, there is the Tokyo Summer Convention. The concept is “People”.

And in December, the Yokohama Winter Gate. The concept being “Culture”.

 

These amazing events, now up to three were made from zero but at Winter Gate to help improve the culture of the company there are many contents prepared.  With the event peak season coming to an end in December, the total percent of employees leaving was 0% and stood as a milestone for all employees who have made it through that tough period and look over the third quarter. It also serves as a place to show the new employees who will join us next year to engage in Event21’s culture.

 

With this being the first, it was making history. After 100 years, there will be the 100th annual and they will talk about this day. Those people whom helped make that part of our history, I would like to introduce in this blog!

In the very front of the venue, Yokohama Minatomirai.

This time we did it at a very fancy venue!

Welcoming everyone at the entrance are pictures of every branches best event pictures. These were chosen by all of the branches before the event. This past has a lot of meaning to it.

This WG was run by the Benchmark Committee whom have been here since the morning preparing the venue for everyone. And then, there is my entrance. “Now that’s great!!”

Lining the walls are all of the core values of our company.

The man running the Audio M-kun, also arrived before me from Nara.

Award Rehearsal.

The Kanagawa Combination.

The original committee leader whom had married recently, had to leave the company due to taking over the family business of the family he married into. Thus in a pinch, I-kun took up the role of becoming the Benchmark Committee Leader. Here is him with the Branch Leader for Kanagawa. You did a great job!

Benchmark Committee Members.

The two CC’s. Ito-san who came into the Nara Home Office in 2017 and became the first CC, beside Misaka-san whom came in 2018 into Tokyo becoming the second.

This time Misaka-san came into WG as the WGC (Winter Gate Coordinator) and had a hand in almost all steps of the event.

The preparations in order, the second car to come to Yokohama came the Kansai members!

Enjoying the view in Minatomirai.

2019 member for Aichi Office, F-san.

Member of 2014, 2017 and 2018. Members of Nara, Osaka, whom do sales, general management, and construction.

From the left you have the 2019 member T-san to the Kyoto Branch, and 2019 Nara Home Office K-san, and the 3rd CC S-san.

The members of 2019 at the moment are 19, but all are wonderful! I am really looking forward to their start in April.^^

Osaka Branch’s S-kun.

While all of this is going on you have the arrival of the Kanto Members!! Tokyo, Yokohama, and Kanagawa.

東西メンバーは7月のサマコンぶりの再会になるので、みんな楽しそう。

2019 Kanagawa’s M-kun though he has been very busy has made the time to come to our event. Thanks!

Receving an explanation of what a GoPro is from an American.

And thus you have the member of the Web Team who couldn’t take his curiousity any more getting the same American explanation. (lol)

2019 Nara Home Office’s T-kun.

 

We also have Y-san who just recently got her last interview for the company and just made it in time to join the Chiba Startup office and in time for WG.^^

2019 Osaka Branch’s Y-kun.

With an icebreaker, after introducing themselves to the veteran members beside them, we did the introduction of the 2019 members.

Kyoto Branch Startup member of 2019 K-kun.

Everyone looked over the WG 3rd quarterly announcement paper.

Aichi Branches member of 2019 K-san.

With the darkening of the venue, the opening movie starts! It’s finally time to start!!!

TBC!!!

Event21 First Ever Winter Gate! 02 “Opening, CEO・Manager・Team 3rd Quarter Announcement.

 


10 years VISION summit by U25.(第1回in鎌倉)

えっ(((((((( ;゚Д゚)))))))

やばいやばい(((((((( ;゚Д゚)))))))

今月一回しか更新してない。毎日更新状態にするぞ!と大々的に自信満々に世界中に発信しておいてからの、これ。どんだけやったんや言うたら、月一回です(((((((( ;゚Д゚)))))))

明日から沖縄なので、時間無いけど今日一個だけでも書いときます!

よりによって10years。。。濃いな~これ!めっちゃ濃いな~!何でこんな濃いのやったんや。。

——————–

更新頑張るぞ月間パート2!(書き溜めて予約更新で毎日更新状態にするぞ!)

■CSRと人権セミナー講演in奈良市。CC井藤さんと登壇!
シカゴ視察前半インプット!コア・バリュー経営協会仲間や社員達と共に世界最先端を学ぶ。
シカゴ視察後半アウトプット!イベント21CC2名と共に延泊して次年度経営計画創り。
株式会社イベント21内定式2019
■10 years VISION summit by U25.(第1回in鎌倉)今ここ!
■徳島青年部設立例会パネリスト、中同協青年部連絡会
■10月関東出張、10月中日本出張、10月全体朝礼、G10、サミット、委員長会、第6回社内MBA、東京社長寿司ランチ、第14回社長ダイニング、山口・愛知会社訪問おもてなし
■秋田青年部100名例会報告
■ダイキチ会食in大阪
■埼玉同友会青年部100名例会報告、38歳の誕生日
■大阪同友会「同友会を知る会」150名例会報告
■平成30年度経済産業省中小企業庁「企業におけるCSR・人権に関する取組事例ビデオVol.2」撮影取材

——————–

というわけで、10月3日と4日の出来事を、11月27日に書いてるわけですけども。(しかも毎日更新するぞ!ってめっちゃ意気込んでる前回の更新からのやつで)

まずは、鎌倉ということで、神奈川支店と西日本勢が新横浜で合流し、車で江ノ島へ。東京支店は電車で来ます。

10月上旬といえばまさにイベント業界の繁忙期ど真ん中ですが、繁忙期ど真ん中に、全部署の次世代リーダー達と会社の未来を共に夢見る機会を創りたいなと思って、実現しました。

10 years VISION summit by U25.

25歳以下の次世代リーダー達と、イベント21の10年後のビジョンを創る合宿です。

イベント21の15新卒、16新卒、17新卒、18新卒の4世代の、全部署から選りすぐられた新卒が全国から14名!鎌倉に集結。

面白いことが好きなイベント21ですので、今回はお洒落な民泊貸し切りでやりましたよ!

とりあえず全員が着いた瞬間に2階や3階行って探検さながら全ての部屋のドアを開けてワーワー言うた後(そらそうなるよな)、みんなでダイニングの椅子をリビングに運んで、研修会場を創ってるところ。

なぜ繁忙期にわざわざやるのか。

イベント21では、年間通して様々な文化共有やコミュニケーションの機会があります。例えば以下。

03月 評価面談、経営方針発表会、入社式、新卒研修合宿

04月 花見面談、関西合同入社式

05月 関東イベント21祭り、マネジメント研修

06月 ベトナム視察、社長会

07月 評価面談、東京サマーコンベンション

08月 社長会

09月 アメリカ視察

10月 関西合同内定式、関東合同内定式、10 years VISION summit by U25.

11月

12月 評価面談、横浜ウィンターゲート、社長会、忘年会

01月 サミット合宿、委員長合宿、クリエイティブ1Day、社内MBAオープン講座、関東イベント21祭り

02月 リーダー合宿、サブリーダー1Day

※この他にも毎月やるコンテンツとして、

全拠点月イチ社内イベント、アニパ!、コアバリューオリエンテーション、社長ダイニング、社長リビング、東京社長寿司ランチ、関東出張飲み、大阪ランチ、中日本出張飲み、サブリーダー1対1MTG、社内MBA、委員会、月イチ七会(月に7回の各レイヤーの会議)、愛一郎ミッション、会社訪問おもてなし、コアバリューセミナー、社外セミナー、中途入社式、プチ内定式、社内報「つなぐ」発刊、プレミアムアフタヌーン、仲間ボーナス賞、ヒーローインタビュー、コアバリュー大賞、単月MVP、EVENTGO、MANGAプロジェクト、bookなどまだまだ書ききれないぐらいあります。

※司会してるCC井藤さん(17新卒)

業務も昨対160%増という圧倒的な商売繁盛の忙しさの中、同時に圧倒的に中長期を大切にしているのがイベント21という会社です。

その中で、どうしてもイベント業界の繁忙期となる8月~12月は連日の問い合わせ数が一日200件超えまくってきますので、出来るだけ業務に専念してお客様対応を優先するわけですが、僕達は本気で三方良しを大切にしている会社。その優先順位は常に同時進行。

つまり、繁忙期だからって社員を大切にしないとか、閑散期だからお客さんを大切にしない、というのではなく、繁忙期であっても、人財育成や文化の強化、全社員一体化、コミュニケーションに手を抜くわけにはいかないのです。

※シカゴでの学びを繋げて開会と趣旨説明をしてるCC三坂さん(18新卒)

これらは一年中通してずっと大切にするものであり、むしろ忙しい時ほど理念軸に立ち返って何のために働いているのかを考える機会、仲間たちと交流してリラックス出来る機会が必要だと考えています。

結局、今期の160%増という短期的な業績結果は、昨年までの中長期戦略がクリティカルヒットしているから。

そして今年の中長期戦略は、次年度以降の短期的な業績結果に全部繋がっているのです。

先手先手で未来創りを行う陽のサイクルがイベント21の戦い方。だから10年連続業績が右肩上がりという圧倒的な結果で語れるのです。

※本合宿の開催目的説明、10年後社長はどんな状態にしたいのかを語る僕。

基本的に合宿はいつもそうですが、僕がずっとベラベラ喋って社員は聞いてるだけ、というような事はしません。冒頭のここで30分と、二日目の社長まとめ10分のみが僕の持ち時間で、後は社員達がやります。

短期と中長期を両軸で大切にする。そして増やした利益を三方に還元する。

社員にとっての、楽しさや、やりがいや、出来る仕事の範囲や、ユニークな福利厚生や、後輩や仲間が増え続けている事や、関わったりフォロー出来るコミュニケーション質量や、人間としての成長機会の創出はもちろんの事、

さらに物心両面を掲げるイベント21ですので、まだ日本で5%しか取得出来ていない男性社員の育休もスタートしましたし、有給取得率も高めているので休日数も増えており、給料も毎年昇給している中で、残業時間も毎年減り続けている。

会社としてのブランドや実力は上がり、離職率は今期2.2%と、大幅に減らす事に成功しています。

イベント21が毎年爆発的に、誰がどう見ても圧倒的明確レベルで進化しているのは、全て社員達のおかげです。

そして毎年誇りを持ってそう言い切る結果に持っていくのは、毎日社員が流す汗を絶対に一滴も無駄にしないという、僕の経営者としての矜持です。

という事で、繁忙期ど真ん中の10月3日と4日に、25歳以下の若手たち14名を全国の全部署から集め、10年後のビジョンを一緒に考える時間を創りました。

なぜ参加対象が25歳以下の新卒達なのか。

平均年齢26.5歳のイベント21において、今現状会社の中枢で先輩や上司として会社をまわしている中心層は30歳から35歳の、勤続年数9年目以下の社員達です。

つまりこれから10年先のイベント21を中心で担っていくのは、今の20歳から25歳であってほしい。そんな組織が生き生きしていて面白い。

実際に僕も26歳で経営者となり、今38歳。今までバリバリやれてきたのは、青年経営者と呼ばれる範囲20代30代のパワーがあったからだと確信している。

そして僕もこれから40代に突入していくわけですが、40代の生き方は、今まで挑みまくってきた経験の集大成として、心技体が最高潮に整う最強の10年だからこそやるべき事をやる時期。青年でもなく、老人でもない立ち位置としての立ち振る舞いが求められると思っている。

20代30代をどう過ごしてきたか、本人の生き方の真価が問われる時期であり、大きく差が出るのが40代以降。僕はワクワクしかないですけど。

つまり40代は、若手にスポットを当ててしっかり育成の観点で関わりつつ、もちろんガチンコで自分が一流プレイヤーとしてもガンガン行ける、つまり状況に応じて最適な動きをして、高精度の意思決定で組織を導いたり、世の為人の為、全員をフォローしたり、中長期に挑む事が役割になる。

30代の今と同じ働き方やレベル感で40代を同じようにやってる場合じゃない。更に上に行く。

今自分がやってる事は全て10年後今の自分と同じ年齢になる10歳下の次世代に全部任せて、10年後の自分は更に面白い事をしていたいじゃないですか。

だから、25歳以下の若手達が10年後30歳~35歳になった時にど真ん中の中枢で会社をまわせるように、今この時点から10年ビジョンを共に描く必要があったのです。彼ら25歳以下の若手達が10年後のイベント21を創っていくのだ。そしてだからこそ今の30歳~35歳の先輩社員達が更に上のフェーズに挑める。

※G討論①【2028年ビジョン】みんながキラキラ輝く世界を創りたい。イベント21が世界中に夢と幸せを与えられる存在になる!29ビジョンとして、一行足す、もしくはキーワードを加える。それを考える時間にする。

なぜ民泊で一棟貸切でやろうと思ったか。

それだけでワクワクするから。面白い事したいから。そしていつもと違う環境に身を置くことで脳がリセットするから、普段の業務やルーティンなどの短期的視野から安心して解き放たれて10年後を考えられる環境になれるから。

今回の10years企画運営の中心メンバーは3名。

関東エリアマネージャー兼神奈川支店長24歳(15新卒4年目)、クリエイティブ事業部長兼CCセクションチーフ24歳(17新卒2年目)、CC23歳(18新卒1年目)。イベント21の誇る若手の星達です。

目的やコンセプトを元に、それぞれ時間のない中コンテンツ創りや準備、当日の運営を頑張ってくれました。

第1回目なので最後に僕のブラッシュアップは入りましたが、段々とそれも必要無くなっていけると思う。3人とも本当によくやってくれたおかげで、伝説となった第1回10years、大成功になりました。

※各チームに分かれてディスカッション後、グループ発表するみんな。

みんな良い笑顔です。

「コアバリューとは」講義。シカゴでの学びを話して、コアバリュを体現した会社がどうなるかをイメージしてもらう。

「次年度の新コアバリューを考える」

「三年後を考えるグループ討論(会社の目指すべき状態を考える)」

インプットとアウトプット。グループディスカッションしまくります。

経営計画に加えるみんなのビジョンを、1年後、2年後、3年後、10年後の時間軸で、イベント21の理念you happy, we happy!である三方良し(お客様、自分達、地域)の横軸で掛け合わせて考えます。

めっちゃ出てくるから。みんなのやりたい事。さすがやすげーぞ!

そしてディナーです。頭使うとお腹めっちゃ減る。

今回はシェフを特別にお招きして、美味しいご飯を僕達の為だけに創ってもらいました^^

見た事ない創作料理に興味津々のみんな(笑)

食卓囲んでみんなでリビングでご飯食べるのって、家感ハンパなくて良いですね。

乾杯は、横浜日吉支店、施工の希望の星!Hくん(18新卒)

乾杯ー!

ごちそうさまでした。めっちゃ家っぽい。なんかイベント21ぽくていいな。

ご飯を食べた後は、男子と希望者で銭湯に行きます。そしてコーヒー牛乳を飲みます。

そして第二部開始。宅のみしっぽりフリートーク。

三坂セミナー「個人の10年ビジョンを考える」シカゴでの学びを絡めてアウトプットしてくれています。ビジョンを学んだあとに、

「じゃあみんな、この家の好きな場所どこでもええから、集中出来るところで自分の10年ビジョン考えてきて!ほな行ってええぞ!30分後集合な!」

集合して、発表したり、またチームを変えて好きな場所に行って考えたり、次世代の宝達のビジョンが出来上がっていきます。

全員が、各部署の次世代エース達。良い議論がいたるところで繰り広げられています。

あ、関東マネージャー!(15新卒)俺の部屋のベッドに寝転んどる!!!やりたい放題やんけ!

やりたい放題やんけ!こいつ・・(さすがマネージャーともなると態度が違いますわ!)

Kさん、それ社長のベッドやけどいいのかな~と思いながらディスカッションしてるであろう二人。

色んなチーム編成で何度もくっついたり別れたりして、アウトプットとインプットで考えを深めていきます。

そして一日目終了~。

二日目。朝。

まずは恒例のラジオ体操in室内。

昨日の残りを朝ごはんで食べます。だから家感ハンパない。家族や。

二日目の趣旨説明を東京サブセクションチーフNさん(16新卒)

ワーク。

まだサミットメンバー(役職者)じゃないみんなに、サミットメンバーとして参画してもらう。

次年度経営計画の中から10戦略ピックアップして、それぞれ手を挙げてもらって戦略を練る。実際にそれが次年度経営計画に反映されます。

みんなと一緒に創る会社の未来。はじめは一人でやってきたけど、気が付けば仲間が沢山増えたなって。それほんま、凄く嬉しい。

10年後、イベント21はどうなっているのか。みんなが31歳~35歳になっている時。どうなっていたい?

それをこれから一緒に実現していこう。

これから毎年やる。10 years VISION summit by U25.

新しい文化がまた生まれた。そのたびに、イベント21は強くて良い会社になっていく。みんなの夢が加わっていく。

そして最後に全員発表です。

ここに描いたビジョン、全部実現しよう。俺達なら絶対に出来る!

いつもありがとうな、みんな。

最後に、みんなのビジョンを知ってもらいたいから、社内のみに公開している動画を、このブログ見てくれた人限定でURL公開します。

なかなかここまで内部は見れないですよ。圧倒的にオープンな社風で、誰もやってない事を時代に先駆けてやる会社で、そして情報発信や情報共有を大切にしているイベント21だからこそ、やる。

僕は、若者達すげぇぞって知ってもらいたい。イベント21の社員達はこんなビジョン描けるんやぞって。

ウチの社員達のビジョンを聞いたら、きっと今下を向いてるこの世界の誰かを元気に出来ると思う。それぐらいのパワーを持っているから伝えたい。

そしてビジョンは多くの人に知ってもらえればもらえるほど実現出来るものだから。彼らの夢を実現させる為にも知ってもらいたい。

だから見てください。これがイベント21の誇る次世代達のビジョンです。みんなこんな熱い想いを持って働いてくれています。


シカゴ視察前半インプット!コア・バリュー経営協会仲間や社員達と共に世界最先端を学ぶ。

一か月前、9月16日から9月24日までの9日間、アメリカシカゴに行ってました!(やっとこの話が書ける)

普段から仲良くさせてもらってるコア・バリュー経営協会の視察ツアーで。

今回の目的は二つ。

一つ目は、2年前ラスベガスのザッポスに行った時の衝撃を、今回はCC2名も連れて共に体感する事。世界最先端を社員と共に学ぶインプット。

二つ目は、前回ザッポスの後みんな帰国する中で僕だけロスに寄り道してホテルに缶詰めでCCやbook、次年度経営戦略を一人で生み出したあの過程を、今回はCC二人と共に創るアウトプット。

写真はいよいよ出発の時!成田空港で。

——————–

更新頑張るぞ月間。(書き溜めて予約更新で毎日更新状態にするぞ!)

サマコンブログ04~チーム1Q報告・委員会1Q報告・閉会~
サマコンブログ05~サマコン懇親会~
サマコンブログ06~サマコン二次会~
サマコンブログ07~サマコン二日目~
花見面談2018
福島会津若松で講演。愛一郎ミッションは神奈川支店リーダーのNさん
3回社長リビング!第4回社長リビング!の二本立て
イベント21関東エリア出張。神奈川支店。埼玉から東京支店会社訪問おもてなし。奈良タイピング選手権
4回社内MBA「地域、本気本音、概念整理、世の為人の為」第5回社内MBAweb、経理、財務、労務」の二本立て
イベント21新卒第1号で入社9年目の社員Mくんの結婚式で主賓スピーチさせていただきました。
奈良本社への会社訪問おもてなし3件。富山同友会、コアバリュー経営協会仲間のダイキチカバーオール、鳥取同友会の3本立て
中日本出張。全体朝礼。愛知支店。第13回社長会in大阪
中同協組織強化会員増強全国交流会にて187名の前で報告in東京。滋賀同友会にて139名の前で講演。北陸三県合同例会と近畿圏合同例会で青年部連絡会代表挨拶。
イベント21グループ子会社のステップ社長と財務一日セミナー参加、グランドアイビー中井さんによるイベント21スキルアップセミナー
13回社長ダイニング!、関東出張、ステップ東京飲み!社長寿司ランチ!東京、神奈川、横浜日吉。大学教授からの取材。
■CSRと人権セミナー講演in奈良市。CC井藤さんと登壇!
■シカゴ視察前半インプット!コア・バリュー経営協会仲間や社員達と共に世界最先端を学ぶ。ついに、今ここ!
■シカゴ視察後半アウトプット!イベント21CC2名と共に延泊して次年度経営計画創り。

——————–

というわけで、シカゴにやってきました!

シカゴ前半は、コアバリューの仲間達と4泊5ツアーで、

大学での講義や、3社の企業訪問、そしてスモールジャイアンツと呼ばれるアメリカで企業文化を大切にしている経営者仲間達とのパーティなど、めちゃめちゃ刺激的で学びの多い時間を過ごしました。

めっちゃグローバルで刺激的な良い写真いっぱいあるんやけど、公開NGなのでオフの写真しか出せないけど、僕ら観光に行ってた訳ではありませんので(笑)

初日の夜は、ホテルにチェックインして、石塚先生と合流してご飯。早速みんなで本場のステーキを食べます。

この日はコアバリュー仲間、中村さんの誕生日という事で、みんなでお祝いしてるところ^^

その後は飲みに繰り出します!

シカゴの街並みやべー!

CCの二人は、昨年度新卒入社と、今年度新卒入社なので、まだ社会人1年半と、半年の、24歳と23歳なのですが、

すでに井藤さんは昨年ベトナム、今年もベトナム、今回のアメリカの計3回の海外渡航。

三坂さんは、入社3ヵ月でベトナム、入社6か月でアメリカの計2回の海外というトップスピートの質量で僕と一緒に行動してます。

この二人はヤバい。海外に出る度に成長してます。今回のシカゴでもまたブレイクスルー出来る世界基準の良質な体験が待っている。

イベント21カルチャーコーディネーターの成長は会社の成長。だから僕は社員みんなが成長する事が一番楽しい。

トランプタワーのルーフトップへ。

夜風が気持ちいい。

シカゴはあまり外国人が来ないらしいけど、国内第三位の都市で、アメリカ人の観光地として人気なので、ザ・アメリカって感じです。

まだ夜明けのシカゴ。

大学の中のスタバ。

常に挑む前には課題を、そして終わった後にはフィードバックとアウトプットを大切にしているイベント21ですので、

行きの中で三人で課題を共有します。

僕が今回シカゴへ持っていく課題
・次年度ビジョンを創る(次年度コアバリュー)
・離職率0%の企業文化を創る(採用、面接での質問、入社後に大切にしてる環境)
・次年度経営計画の素案をCC2名と共に創る
・ニューヨーク支店設立の為の感度上げる
・世界最先端に触れる
・CCと更なる一体化
・ワクワクするオリジナルのインパクトで次年度目玉戦略を生み出す

井藤さんの課題
・コアバリューからサービスに繋げる。
・コアバリューといえばイベント21という状態にしたい
・自分自身とコアバリューを向き合う時間にしたい

三坂さんの課題
・スモールジャイアンツを体感して、そこで働く社員さん、どんな経営をしているのか見たい。

そんな僕らにとって素晴らしい学びの後、ホテルへ帰ってきたので、近くのホールフーズへ。アマゾンの傘下。

三方で、共にイメージ出来るビジョンを創ろう。

「こんな世界に住みたい」働く人と、顧客と、そして社会(地域)と共に夢見る会社。

顧客とともに見る夢・未来、地域社会とともに見る夢・未来、社員とともに見る夢・未来。

現場で働く社員一人ひとりが経営革新に参加出来る環境を創る。

自分が働きたい会社を創ったら、イベント21になった。と言えるか?

夕陽がめっちゃ綺麗な街やなって。

シェイクシャックのハンバーガーを食べに。

レジで、めっちゃしつこくフルネームで名前聞かれる。なんでハンバーガー買うのにフルネームこんなに聞かれるねん?笑

「え?名前?my name is Aiichiro Nakano」

「アイイチーロ、ナカノ?」

「yes!」

おお、これはまさか、料理が出来たら名前で呼んでくれるんかな?もしくは次回来店時に名前でウェルカムしてくれるんかな?

やっぱアメリカはサービスすげーな!

ってワクワクして待ってたら、普通にピーピーピーってなって120番って呼ばれた。何やねん!

ステーキ食べたり。

感度の高い仲間達と色んな話や学びの共有出来るのが凄く楽しい。

お客様の心や感情に訴えかける発信が出来る会社が支持されるようになってきた。

アートサイエンス。アートをどう評価するかが最大のポイント。

ドリームメーカープログラム。

アメリカっぽいのでイキる。「井藤さんちょっとここで写真撮って!」

井藤さんもイキる。「社長、私もいいですか!」

朝はホテルで。昨日の学び聞かせてって話をしながら。

出口さんの誕生日もあったので、みんなでお祝いしてるところ^^

パーティで、アメリカ人の経営者10名ぐらいの前で自己紹介した時に。

「僕達の会社の理念はyou happy, we happy!です」って言ったらみんな一瞬で笑顔でいいねって拍手してくれた。

海を越えて伝わったのが嬉しかった。僕達の理念は世界中の人達が共感してくれる。めっちゃ嬉しい。

僕達の目的(理念)は、めっちゃシンプルで、分かりやすいから好き。

愛情の企業。三方から愛されてる会社。三方よし=三方から愛されている。

1)崇高な目的
2)高いコミットメント
3)人間中心のカルチャー

コアバリュー主導の企業になるのにどんな要素が必要か?

1)三方から共感の理念コアバリュー
2)トップが体現。意思決定の誠実さ
3)情報共有。コアバリューの行動が皆分かる。レスポンスり成功事例の共有
4)実践できる環境。いいね、讃えられる、やりやすい、話し合う場がある
5)ポジションの確認。pdca、半年後の検証
6)一人一人の納得感

みんなとの最後の夜。

「ラーメン食べにいきましょ!シカゴラストナイトですよ!」

みんな時差と、強烈な学びの質で頭と体どっちもクタクタやのに、気合で集まる(笑)

最後は部屋飲み。

こんな感じで、4泊5日目の朝、あっと言う間にみんなを見送る日に。

ここからイベント21のシカゴ第二章が始まります。

この4泊5日間で、シカゴの企業や大学、出会った人達、石塚先生や、コアバリュー仲間達から学んだインプットを、どこまでイベント21にカルチャーフィットさせてアウトプット出来るか。

結果としては、井藤さんと三坂さんと共に、83個の次年度経営戦略を生み出しました。これで僕たちは次年度20億円企業になれる。

10億の壁突破から20億の壁突破まで、大体の超急成長フェーズに居る世の中のイケてる企業でもみんな最速だと言われても3年以上はかかってきたこの上位1%台の強豪ステージを、僕たちは激動を笑い飛ばしながら2年で突っ切ります。

それがイベント21という会社です。夢があって面白いでしょ。そんな会社が今の日本にあっても良いやん。無いのなら僕たちが創る。

後半に続く!