イベント紹介

11/19(日)ツキイチカフェ「ボルネオ島の熱帯林破壊と私たちの消費生活の関係」


開催日程:2017/11/19 開催時間:14:00~16:00  主催者:NPO法人フェア・プラス  会場:京都府京都市東山区巽町442-9 

南の国の熱帯雨林が失われていくことを、遠い国の出来事と思っていませんか。実は私たちの食生活が、熱帯雨林の破壊の引き金になっています!

少人数の参加者がゲストを囲んで交流します。参加者は10代から60代まで多様な人たちがいます。参加者同士の交流も楽しめます。


イベント概要

テーマ:ボルネオ島の熱帯林破壊と私たちの消費生活の関係

固有の哺乳類、ユニークな鳥や昆虫、光る苔や珍しい植物…豊かな生物多様性が広がるボルネオ島では、かつて島の大半を覆っていた熱帯林がどんどん破壊されています。その原因を調べると、ポテトチップス、インスタント麺、マーガリン、アイスクリーム、チョコレートなど私たちの身近な商品に辿りつきます。遠い大自然の環境破壊と私たちの消費生活の関係、問題に立ち向かう国内外のNGOの活動を、僕が国際協力に関わり始め、人生に悩み、ボルネオで森林再生を行う熱い仲間と出会うまでのストーリーを紹介しながら一緒に考えたいと思います。〔石崎 雄一郎〕
フェアトレードコーヒーを飲みながら、ゲストのお話をお聞きして、みんなで会話を楽しみましょう。どうぞ気軽にご参加下さい。

ゲスト:石崎 雄一郎(ウータン・森と生活を考える会 事務局長)
ウータン・森と生活を考える会事務局長、ボルネオ保全トラスト・ジャパン理事、環境市民理事。2008年ボルネオで熱い心を持ち森林再生に取り組むNGOや村人に出会う。2012 年地球サミット・リオ+20に参加し先住民の声を聞く。

イベント詳細

開催日時2017/11/19 14:00 ~ 16:00 駐車場無し
主催者NPO法人フェア・プラス 最寄り駅京阪電鉄「三条」駅 徒歩5分
市バス「三条京阪前」下車 徒歩5分
会場京都府京都市東山区巽町442-9 対象者国際支援、途上国の環境問題、日本の食と途上国の環境破壊、貧困問題に関心ある方
入場料社会人 800円、学生500円 持ち物不要
定員20名 天候によるイベントの有無雨天決行
主催者
メールアドレス
info@fairplus.org 主催者
電話番号
075-525-0064

主催者からのメッセージ

参加者一人ひとりの意見、質問にゲストが答えてくれます。参加者同士も楽しく交流します。 イベントの運営は学生ボランティアが行っています。 気軽に参加下さい。


タイムスケジュール

14:00 ~ 16:00カフェイベント

コメント

名前: コメント: