月間アーカイブ: 6月 2015


7月度イベント21全体会議「夢を叶える報告書を読んで、自分の感想と強みと課題と目標とありがとう」

今月も会社として全体の6月度目標値を達成しましたが、チーム目標としても達成してくれた2チームにご褒美チケット配布しました。

 

IMG_5099

上が前月、下が今月分です。今回の生え際おかしいやろ!

段々雑な扱いになってきているのが少し気になりますが、この調子で毎月変わるチケットデザインを集めていってもらいたいです笑

 

今月の会議コンテンツは、

「夢を叶える報告書を読んで、自分の強みと課題と一年後の目標をみんなの前で発表」です。

これはリーダー会でリーダー達が提案してくれた会議コンテンツです。リーダー達が主体的に、弊社経営指針を社内教育に活用しようとする姿勢が素晴らしい。よく分かってる。

 

5月度全体会議で、「いいね・応援メッセージ」をやりましたが、これは自分から仲間へのメッセージ発表の場でした。(5月度全体会議:http://event21.co.jp/ceo/?p=617

今回は夢を叶える報告書に記載された仲間達全員分の自分へのメッセージを受けての、感想と、いいねメッセージから読み取る自分の強みと、応援メッセージから読み取る自分の課題と、一年後の目標を一人ずつみんなの前で発表してもらいました。

応援メッセージについては、みんなが自分の為を想って本音で言ってくれている愛があるので、ありがとうという気持ちを伝えます。

 

今、物凄く良い社風になっているイベント21ですが、こういった取り組み一つ一つが組織の軸を創っていっているように思います。

本音で相手に関わるコミュニケーション。

自分や相手の成長を大切にしている社風。

人前で自分の想いや目標やありがとうを発信する文化。

 

僕の創りたい組織、目指している会社に近づいてきている実感があります。だってこんなポジティブな会社は中々ないですよ。人が成長する環境があり、互いに育ち合う風土がある会社。

なぜならイベント21には、you happy, we happy!という理念が浸透しているからです。

イベント21が求める人とは、自分の周りの人達をhappy!に出来る、良い影響力を持つ人です。

そして周りの人達のhappy!を自分のhappy!に感じられる、人間力を持つ人です。

 

理念を明確化すればするほど、社風が確立していきます。その過程で、この社風にフィットした人財が社内で残るようになっていき、そんな人財が良い先輩像として後輩達のモデルケースとなっていきます。

そしてこれから入社してくる新人の入り口(採用面接段階)では、違う人財が入ってこないように選別が行われるので、人が増えれば増えるほど、更にどんどん人と会社がフィットしていく。

価値基準を統一する事の重要性。これは同じ意見の人達を集めているのではなく、そこには多様性や個人の価値観があって当然良いのですが、沢山の人間が集まって同じ方向で力を合わせる以上、組織として根本の価値基準を統一していく必要はあるのです。

 

どういう事かというと、例えば僕達は「人を殺したらダメ」とか「幸せになりたい」という、人としての根本の価値基準が統一されているから一緒に生活も出来るし、共に力を合わせる事も出来る。これが合ってない人と一緒には居られないですよね。ましてや力を合わせて最高の結果を出すとか絶対無理です。

この、現代社会で生きる人としての根本の価値基準というのが、会社でいうと理念だと思うのです。理念とは、この会社で働く社員としての価値基準なのです。

 

you happy, we happy!という価値基準を全員が持っていると、三方良しのhappy!を生み出す為に、自分個人としても会社としても成長しなければいけない事を全員が理解出来ます。だから本音で相手に関わる必要があるし、人前で自分の想いや目標やありがとうを発信する事の大切さも理解出来るのです。

どうやったらもっと沢山の人にhappy!を生み出せるか。どうやったら後輩を成長させてあげられるか。どうやったらお客様により良いサービスを提供出来るか。この同じ方向性で、みんなの持つ様々な価値観から生まれる意見をぶつけあって、目指すべき結果を超える事に時間を労力を使える組織が一番強いのです。

 

後輩なんて育てなくても使い捨てで良いやん面倒くさいし。お客さんよりも自分が儲かったらそれで良いやん俺のボーナス上がるし。と思ってる方向性の人と、どうやったら後輩を成長させてあげられるか、どうやったらお客様のお役に立てるかの話をしても、相当な不協和音が出ます。

そんな状態で力を合わせても良い結果が生まれるはずがない。当たり前ですよね、根本の価値基準が違うのですから。

 

企業には段階がありますので、創生期から発展期(社員30名程度)まではこういった不協和音を繰り返して人の出入りを繰り返しながら、模索して足掻いて走りながら調整して、少しずつ価値基準の統一を図っていくわけです。

この時期がしんどいのです。価値基準が統一されていないからです。組織が小さいと経営者が会社の法律だと言っても話が通りますので勢いで引っ張っていけますが、それは実際には価値基準が統一されているわけではありませんので、人が増えていくと必ず壁にぶち当たる事になります。

こういった環境や仕組みが整備されていないと、目指している方向性が正しくとも人は辞めていく。正しいからこそ余計に、なぜ辞めるのかも分からない。世の中のほとんどの企業はこの時期を抜けられずに終わっていきます。

 

中小企業庁のサイトに統計資料が掲載されていますが、それによると世の中に企業は全部で386万社あります。

その内、大企業は1万社(0.26%) 常用雇用者301名以上(サービス業は101名以上)

中企業は51万社(13.2%) 常用雇用者300名~21名(サービス業は100名~6名)

小企業は334万社(86.5%) 常用雇用者20名以下(サービス業5名以下)

 

イベント21は世の中の分類でいくと中企業に入ります。世の中の企業数を100社とすると、上位13位以内に入る企業規模です。

僕は、中企業(13位)までは経営者のマンパワーでもいけると思いますが、中企業の中でも最上位クラス(1位~3位クラス)に行こうとすると、価値基準の統一をしないと行けない(もしくは勢いで行っても5年も継続出来ない)と思っています。

 

イベント21は世の中をより良く変える企業を目指していますし、お客様や社員や地域に対してより大きなポジティブな影響力を発信する為にも、社員100名を余裕で超える大企業にならなければいけないと思っています。だから僕はここにこだわるし、とても大事になってくるのです。

会社としての一日、一ヵ月、一年、三年、五年、十年、三十年を通して、この価値基準を統一する為の環境を用意し、仕組みを仕掛けて、社員に本気本音で語りかける事を繰り返し続ける。

それが大きなhappy!を社会に生み出す事の出来る、僕の目指すべき経営者の仕事だと思っています。

頑張ります。いつもありがとうございます。

 

■7月度イベント21全体会議
・フィロソフィー(30分)「能力を未来進行形でとらえる」
・前回のリーダー会での決定事項報告(10分)
・社長ビジョン(5分)
・7月度会議コンテンツ「夢を叶える報告書を読んで、自分の強みと課題と一年後の目標をみんなの前で発表」(65分)
・単月MVP(40分)

 

IMG_1478


学生と地域を繋げるプロジェクト。

IMG_5083

日曜日は奈良市にて、現在進行している実践型インターンシップの説明会に、本プロジェクトメンバーの社員二名と参加。主催はいつもお世話になっているNPO法人ならゆうし。西尾さん、春田さんありがとうございました。

学生達20名に向けて想いの発信と、プロジェクトの説明と、交流を行いました。

 

いや~若いですね。一回生や三回生が多かったですが、18歳とかね、僕が17歳の時におぎゃあ~って生まれてるんですよ。そんな子達とビジネスの本気の話するのですから、中々感慨深いものがあります。

例えば弊社にも19歳入社の新卒居ますし、現在新卒採用やってる学生達は22歳ですが、彼らは自らイベント21に興味を持って会社説明会や面接に来ているので話は早かった。ですが、今回はインターンシップに興味ある子達に向けてなので、まずはイベント21を知ってもらうところからのスタートになります。

 

2分のPRと、12分×3回のブースでの説明と、60分の交流会。

最初は僕達大人に対してどう喋っていいか戸惑っていた学生達が、時間が経つにつれて、自分の想いを伝えに来てくれるようになった。それが嬉しかったし、そうやって勇気を出した若者達をイベント21が絶対に成長させたいと思いました。

楽しかったです。ワクワクする。彼らにどんな経験をさせてあげようか。何を失敗させてあげて、どんな喜びや楽しさがあるかを教えてあげて、どうやって気付かせてあげようか。

社会に出る前の彼らが経験値を積める大事な期間をお預かりするという覚悟で、インターンを育てていきたいし、彼ら学生だからこその強みを活かして、自社事業や社会に対してポジティブな結果を生み出したい。

 

IMG_5086

 

今回、プロジェクトメンバーの社員2名も参加させました。6年目のリーダーと、二年目。

二人とも新卒でイベント21に来たプロパー社員です。イベント21しか会社を知らないからこそ、社外に出て視野を拡げる経験をさせてあげる。イベント21がどれだけ凄いか、どれだけ他社と違うのかに気付けるからです。

学生達と接する事で、彼らも大きな気付きがあったと思います。同じ方向性での気付きを最初から共有する事の重要性。僕の狙いは常に三方良しのhappy!です。つまり社内人材教育としても学生と関わるこのプロジェクトは大変良い機会なのです。

IMG_5088

二人は事前にミーティングをして、プレゼン資料をパワポで作って、実際に自分の言葉で学生達に自社の説明をしていました。一生懸命頑張ってくれていました。

社会人(大人)として、学生に経験させてあげる、成長させてあげる、活かしてあげる事の責任を、感じてくれたと思います。会場を出て、お茶飲みながらフィードバック会を3人でしたのですが、素晴らしい主体者になってくれてた。

「やばい。もっと具体的に考えないと。このイメージを社内にも共有してもっと巻き込んでいかないと。学生を成長させてあげたい。イベント21にインターン来て良かったと思ってもらいたい」さすがイベント21社員です。大切な事をきちんと把握している。

この経験は、後の新卒入社の時も活きるし、彼らが新たに組織での良い先輩像を創ってくれるのです。

 

このプロジェクトによって、確実に三方良しのhappy!が生まれる。

■売り手良し(自分=仲間=会社)社員が育ち、仲間が助かり、会社の経験値が増える。結果的に利益が出る。

■買い手良し(お客様)このプロジェクトによってイベント21のサービスをより多くのお客様にお届け出来、より素敵なイベントをご提案出来るきっかけが増える。お客様のお役に立てる。より良いイベントが増える。

■世間良し(家族=地域社会=日本=世界)学生が育ち、リーダーシップのとれるリーダーが増える。より良いイベントが増える。つまり地域が活性化する。家族の住む地域が良くなる。地域に県境無し、つまり日本が元気になる。日本が元気になれば世界がhappy!になる。

面白くなってきました^^

 

もし学生さんで弊社のインターンシップに興味ある方は下記参照。

学生が地域のお祭りに関わる事で日本を元気にしていくプロジェクトです。

【ゴールドマン・サックス中小企業経営革新プログラム】

イベント21実践型インターンシッププロジェクト【本採択】

「祭りを通じて若者が一番楽しめる場を創る!学園祭と夏祭りの改善提案を担え」

http://www.etic.or.jp/cc/mip/project/506


今年の講演スケジュール

今年の講演スケジュール

■2015年
01/27 山梨 山梨同友会新春のつどい
01/29 神奈川 神奈川同友会県南支部1月新春例会
02/07 京都 京都同友会青年部会 2月広報渉外例会
05/18 滋賀 びわこ経営研究会
05/22 広島 広島同友会青年部連絡協議会 総会
05/27 奈良 奈良市立平城中学校 授業
06/15 福岡 福岡同友会青年支部 6月例会
06/19 大阪 大阪同友会青年部 6月例会
07/23 大阪 大阪同友会かんくう支部 7月
08/24 滋賀 元気倶楽部
09/07 香川 香川同友会高松第1・第2・第7支部合同例会
09/29 広島 広島同友会大学講師
■2016年
02/08 大分 大分同友会報告
06/17 大阪 大阪同友会河南支部報告

 

中々喋りまくってますね^^

奈良(17)、山形(1)、香川(3)、愛媛(1)、石川(1)、鳥取(1)、島根(1)、愛知(1)、滋賀(4)、大阪(4)、山梨(1)、神奈川(1)、京都(1)、広島(2)、福岡(1)、大分(1)
※()内は回数。

現在47都道府県中、16府県でお招きいただいてます。日本の34%ですね~。まだまだ精進せねば!2008年10月に奈良同友会青年部で報告させていただいてから数えて、合計で41回話しています。

 

時事系列でいくとこうなります。

2007年経営者になる。
2008年 2回
2009年 1回
2010年 3回
2011年 3回
2012年 5回
2013年 3回
2014年 9回
2015年 12回(6/26時点)

 

僕は夢を叶える報告書(弊社経営指針)において、三ヵ年経営計画の今年度目標に掲げている「地域・社会貢献」の項目の一つに、講演活動15都道府県と発表してます。

今年度の目標が早くも達成出来た事が嬉しいです。ちなみに来期二年目は20都道府県なので、一年前倒し出来るように頑張ります。目標は全都道府県制覇です!^^ 日本の全部の地域で頑張っている、志高いリーダー達と出会いたい。自社発展を通じて地域をどうやって元気にしていくかをお酒飲みながら語り会いたいです。

 

僕はイベント21の経営者であって、別に喋りのプロではありません。講演回数を経営計画に記載するのもある意味変わっている話かもしれないですが、講演活動を自分の中でどう位置づけるかの問題だと思います。

弊社の目的はyou happy, we happy!の実現です。日本全国、一社でも多くの企業が、イベント21や中野愛一郎と出会う事で一歩良い会社や優れた経営者に進化出来れば、それはイベント21が理念の実現に近づける存在になれているという事です。

そんなスタンスでブレずに頑張っていると、おのずとイベント21自体のレベルも上がるのです。どんどん良い会社になっていけます。理念を高めていますので、サービスの質も高まります。

一回でも多く県外から呼ばれる経営者になる。この人の話を聞きたい、周りに聞いてほしい、という意味で見ると、企業の社会的影響力や、認知度、ブランディング、情報発信力、経営者の成長としても捉える事が出来る。

だから僕は立ち位置を把握するうえで重要な判断基準であり機会と捉えていますので、数値目標を設定しているのです。

 

更に社員教育の機会としても本当にありがたい場になっていますし、一人でも多くの人に知ってもらう事は直接的・間接的に企業の発展に繋がります。実際に講演からご縁をいただいてお仕事に繋がっているケースも何度もあります。

僕はお仕事を貰う為に喋っている訳では1mmもありませんが、イベント21を知っていただく人が増えれば仕事も増えるのは自然でもありますし、当然断る理由もありませんので、いつもありがとうございますと感謝しています。イベント21が事業を通じてお客様やイベント参加者や地域をhappy!に出来るのは本当に嬉しいです。

ちなみに、お金を稼ぐのが目的であれば、僕は講演に使う時間を自社事業の経営に使ったほうが効率的に多くのお金を稼ぐ事が出来ます。

実際に喋っている講演時間は1時間でも、事前準備や打ち合わせ、往復の移動を考えると丸一日では済みません。僕は一日あれば100万円以上稼ぐことはできますし、1日1000万以上を生み出すビジネスモデルや社風構築に時間を使えます。僕がイベント21でやるべき事は沢山あります。決して暇じゃない。それでもやるのはなぜか。

 

お金じゃないのです。志なのです。

僕がやるべき事は、目先じゃないのです。本質なのです。

大事にすべきは、自分の損得じゃないのです。周りの幸せなのです。

一番素晴らしいのは、貰う事ではないのです。与える事なのです。

そんな経営者になりたいし、ならなければいけない。

それは僕が、沢山の人を幸せに出来る経営者になりたいからです。

 

毎日一生懸命頑張っている社員達全員の夢を叶えられる会社にしたい。じゃあ僕がもっと経営者として進化しなければいけない。もっと高い志を持ち、周りに良い影響を与えられる存在にならなければいけない。

その真価が問われる結果とは、お金じゃない。生み出せるhappy!の量です。お金なんか後からなんぼでもついてきます。

お金はあくまで幸せになる為の原資であり、ツールです。それはとても大事ですが、目的ではない。

僕が目指すべき事、執着すべき事とは、you happy, we happy!理念の実現なのです。僕の目的はここでしかない。

そんな経営者を目指して、今日も頑張ります。

 

講演すればするほど、アウトプットすればするほど、僕は本当に沢山の素晴らしい事を皆さんからいただいています。学ばせていただいています。進化出来るのです。だからもっともっと関わっていきたい。

いつもありがとうございます。

tibet_315p


昨日はリーダー会でした。奈良クラブの矢部さん参加。

昨日はイベント21リーダー会だったのですが、イベント21がスポンサーとして応援している奈良のサッカークラブ「奈良クラブ」GMの矢部さんが本社に来てくださいました。

元Jリーガーで、今はサッカーを通じて奈良を元気にする為に頑張っている矢部さん。

イベント21として今年4年目となるスポンサー契約の更新時期に合わせて、僕が勝手に継続を決めるのではなく、社員同士で話し合って決めてもらいたいなと思いまして、話し合いの場、理解を深める場をつくりました。

リーダー会にて、イベント21のリーダー達8人に向けて、地域を良くしたいという想い、子供達に夢を持ってもらいたいという想いを矢部さんから直接語ってもらいました。

 

何でイベント21が地域のサッカークラブを応援しているのか。リーダー達には矢部さんの話を聞いた感想も言ってもらい、この大切な意味を理解したように思います。

矢部さんはサッカーが得意だから、サッカーを通じて地域を元気にする。「夢づくり・街づくり・人づくり」

イベント21はイベントが得意だから、イベントを通じて地域を元気にする。「you happy, we happy!」

志は同じなんだよという話をしました。

この、自分達が主体者となって地域を良くするという概念、感謝と成長を軸とした「恩送り」の精神を社員一人一人が持つ事が出来れば、物凄く良い社風と強い組織が出来ます。毎日何の為に働いているのか、その本質を理解出来るからです。

 

そして一人でも多くの人達が元気にhappy!にする為には、社会に対する影響力が必要になる。だからもっと沢山に人達に関わる為にJリーグ昇格を目指している奈良クラブを応援してるし、周りを良くしようと頑張っている人達に力を貸す事の出来る存在に僕達はもっともっとならなければいけないという話をしました。

翌日の朝礼でもリーダー達から、リーダー会に参加しないでお客様対応を一生懸命頑張ってくれていたメンバー達にむけて、矢部さんの話と、それを聞いた自分の感想を一人一人話してもらいました。

さすがイベント21リーダー達です。みんな自分事としてしっかり聞いていて、きっちり落とし込んで、自分の言葉で話していました。

 

人口や経済など強い地域になるほどサッカーチームがある。日本地図で全国のJクラブ分布図を見れば、主要都市にはJ1、J2があり、その他の地域にもJ3がある中で、奈良は空白になっている。つまり弱い地域という事です。

じゃあ誰が奈良の子供達にサッカー選手になりたいという夢を叶えさせてあげるのか?奈良の大人達である僕達がやるんだという話。

サッカーで地域を元気にするというJリーグの理念が凄いという話。そしてそれはイベント21の目指すyou happy, we happy!と同じだという話が出ていました。

 

素晴らしい。

企業の社会的責任。CSR. 社会のお役に立つのが事業であり企業の存在意義ですから、必ず社会貢献と企業発展は一体化する。しないとおかしい。

事業を通じてお客様をhappy!にするという自社領域とは別に、CSR活動を通じて地域に貢献するという目的を実現する過程で、実は社員の人財教育にも良い影響を与えてくれる。

 

いつも思うのですが、みんながhappy!になれる事って最高ですね。与える事で得るモノが一番最高なんです。矢部さん、イベント21の宝である社員達の視野を拡げる話しをしてくださり、本当にありがとうございました。

イベント21は奈良クラブを応援しています!!!

narakurabu3


京都から経営者仲間が会社訪問に来てくださいました。第11回おもてなし。社員を成長させてあげる機会。

月曜日は京都から経営者仲間が会社訪問に来てくださいました。第11回おもてなしチームがご対応させていただきました。

いつもありがとうございます。

社員が社外経営者と語り合う機会をいただけるというのは、本当にありがたい事です。おかげさまで凄く良い時間を過ごさせていただきました。

毎月数回、日本全国から沢山の経営者が会社訪問に来ていただけるイベント21だからこそ、この高い角度での社員教育が出来る。本当にありがたいです。

そして毎月数回、沢山の経営者に向けて日本全国で自社経営の講演者としてお招きいただけるイベント21だからこそ、一緒に社員を県外出張に連れていけますので、同じように高い角度での社員教育が出来る。

 

実際にやってみて思うのですが、社員を成長させてあげる機会というのは年間通じて沢山生み出す事が出来ます。

イベント21の年間スケジュールでは、

04月合同入社式、花見面談、昇給決定会議
05月新卒会社説明会、夢を叶える報告書製作、同友会大学
06月社長会
07月
08月
09月半年評価面談
10月
11月イベント21祭
12月
01月社長会
02月リーダー合宿
03月経営方針発表会、二者ABCD評価面談、賞与決定会議

そして毎朝必ず、you happy, we happy!朝礼があります。

毎月必ず、チームミーティング、リーダー会、全体会議、サブリーダー面談があります。

そして毎月ランダムに、会社訪問おもてなしチームという経営者を迎える側と、社長講演同行という経営者に招かれる側のミッションが発生します。

今このブログで年間スケジュールを書いてみて思ったのですが、7月8月10月12月が、社員教育という観点で見るとまだ社員との関わりが少ないな。毎日、毎月、ランダムにやってますが、まだ少ない。イベント21ならもっと出来る。だからやる。

まぁ繁忙期ど真ん中というのもありますが、毎月社員が成長出来るようにもっと意識をここに持っていきたい。毎月何かを出来るようにこれから意識して増やしていきたいと思います^^

 

 

you happy, we happy!理念を擦り合わせる場をどれだけ創れるか。

社員自身が主体者となりアウトプットする場をどれだけ創れるか。

僕の自慢の社員達が今日も一生懸命、世界をより良くする為に頑張ってる。絶対に成長してもらいたい。人生の中での自分の出来る事をもっと増やしてもらいたい。自分の周りの大切な人達をもっともっと笑顔に出来る人になってもらいたい。

人生のど真ん中の時間を使って働くのだから、この会社で一生懸命仕事していたら必ずもっとカッコ良い人間になれる事を体感してもらいたい。沢山のありがとうを集められる人になる事が人生を一番豊かに過ごす事だと気付いてもらいたい。

 

ただお金を稼ぐ為に人生の貴重な時間を使って働くのではなく、幸せになる為に時間を使ってもらいたい。だからこそ物心両面で社員が幸せになれる会社を目指す。

イベント21という会社は、そんな気付きと学びの場でありたいと思っています。

いつもありがとうございます。

DSC_7809


土曜日は奈良ホテルで経営者仲間の経営指針発表会に参加させて頂きました。

100周年という節目の大変おめでたい会で、出席させていただいて凄くhappy!になりました。お招きいただきありがとうございました。

会長の挨拶からはじまり、社長から総括と来期方針発表、各リーダー達のビジョン発表や表彰式など、さすがは同友会メンバーの指針発表会。

見ていてたまりませんね。僕も早く社員達と第二回のイベント21方針発表会やりたくなりましたよ。それぐらい、発表会というものは良いのです。

 

社員さん達と「更に100年続く為には、何が必要ですか?」というテーマで60分程度ディスカッションする機会、そして発表させていただくお役もいただきまして、楽しくも学びある時間になりました。ありがとうございます。

なぜ100年続いてきたのか?それは変化に対応し続けてきたからです。つまり100年企業には必ず挑戦し続ける社風があるという事です。

更に今後100年続けていく為には、挑戦という何でもやってみる社風を残しつつも、組織の中に主体者を何人育てる事が出来るかだと思います。

 

挑戦し続ける企業というのは、体制が追いついてない事も多々あります。常に新しい事をしているから当然です。例えば昨日初めた事業が今日完璧であるわけがないし、とにかくまずはやってみる事で見えてきた課題に対応する事を繰り返して、精度は高まっていくものです。

だからまだ明確な基準がない。深い知識や経験を持って教えるリーダーや先輩が少ない。伸びている企業ではよくある話です。

マニュアルを作らないといけないというのも間違いなく大事ですが、全ての事をマニュアル化するのは不可能ですので、一番大事なのは全ての軸となるみんな共通の価値基準を持つ事ではないでしょうか。

 

つまり、理念です。

理念をもっと突き詰めて考える。理念を元に日々の判断をする。自社の理念って何か?何の為に会社は存在しているのか?どこを目指しているのか?最終の着地点はどこか?日々の業務はもっと理念と擦り合わせる事が出来るか?

この統一された価値基準=理念を全員で共有する事が出来れば、同じ方向を向く事が出来ますので、更に改善していける。もっともっと良くしていける。目指すべきは、リーダーがいなくても、分厚いマニュアルが必要なくても、皆が同じ方向で判断して行動する事が出来る状態です。

 

つまり、みんなが主体者になる事が一番最高なのです。みんなが同じ方向性で良い会社を創っていくという意識を持つ組織。

じゃあ会社も良くなるし、自分達も良くなるし、地域社会も良くなっていく、まさに三方良しのhappy!になります。

 

僕と同じグループの皆さんは、本当に素晴らしいスタッフ達で感心しました。みんなが会社の事を真剣に考えて意見を出していました。みんな頑張ってるんです。好きなんです。だからスタッフ達の持つ可能性や良さを最大厳活かしてあげるのは経営者の責任なのです。

この仲間の会社と共に奈良を盛り上げていく企業として、これから100年、そして更に100年、ずっと切磋琢磨していける企業にイベント21もなりたいなと思いました。

 

この後に懇親会があったのですが、来賓も社員さんも全員対象で、じゃんけん大会がありました。賞金が現金で10万円とか、3万円とか、1万円とか出るので、社員さん達本気です。これは正直めっちゃ嬉しいですからね~^^

お小遣いになるのか、生活費になるのか、家族で美味しいご飯食べにいけますし、家族旅行の足しにもなりますね!さすが会長と社長。社員への愛を感じます。だいぶ盛り上がったのですが、

 

。。僕が勝ってしまいました m(__)m

 

なんてこった。途中からヤバいヤバいと思いながら、ずっと勝ち続ける僕の出した手。自分いらんとこでじゃんけん強いな!

でもまぁ、せっかくですので!ここはありがたく頂戴しまして、このパーティにはウチの社員が2名運営スタッフで入らせていただいていたので、

「実は今日僕の愛するイベント21のスタッフが2名、この会場で一生懸命頑張ってくれています。彼らに渡したいと思います!」と袖に立っていた二人を急遽ステージに呼び寄せて、「今日はラッキーやな。お疲れさん^^」と渡しました。ついさっき会長から貰ったお金で笑

 

いや~本当にあたたかい皆さんで良かったですが、危ない危ない。ウチの社員達からしたら自分の社長が参加するパーティの仕事ですから余計に負荷かかっていたと思うので、良い事もあってよかったです。と思うようにします。

二人はその後事務所メンバーも誘ってご飯食べに行ったようです。楽しんでくれたのではないでしょうか。皆様のおかげです。本当にありがとうございます。

 

週明け出社すると、社員達は「ウチの社長はやっぱり持ってる!」と言ってましたが、セクションチーフからは「そんなところで運使わないでほしいです(-.-)」とボソっと言ってました。俺もそう思う!すんません。

まぁそんな愛すべき人達に囲まれて今日もイベント21元気にやっております。

100周年、誠におめでとうございます。

IMG_5055